アルカスの取組み

  • アルカスSASEBO ジュニアオーケストラ
  • レジデンス弦楽四重奏団 アルカス・クァルテット
  • アルカスSASEBO オリジナル室内オーケストラ チェンバー・ソロイスツ・佐世保
  • アルカスSASEBO アウトリーチ事業 「演奏家がやってくる」

ブログ

Archives:2021

演奏家がやってくる! in大久保小学校

12月21日(火)、今年最後の音楽アウトリーチです(*’▽’)

今日は、クラリネットデュオ「ツインズ」(大橋理渚さん、梶原捺央さん)と

佐世保市立大久保小学校へ行ってきました♪

 

玄関には大久保小学校の皆さんからツインズさんへ、嬉しいお出迎えの言葉が(*’ω’*)

このお気持ちが嬉しいですね♪

 

元気いっぱいの子ども達!2本のクラリネットの響きに、興味津々です!

ツインズのおふたりから「仲の良さが伝わった?」との質問に、頷く子ども達(´▽`)

息を合わせて楽器を演奏する難しさと楽しさが、伝わったのかなと思います。

クラリネットの説明では、クイズ形式で

「何故この木が使われているのか」「どうやって音が鳴っているのか」などを写真を使って説明してくださいました!

クラリネット博士になれたかな?( *´艸`)

 

プーランクの「2本のクラリネットのためのソナタ」では、

音楽のイメージを膨らませます。

印象に残ったのは「焚火のような火が目の前にあるかんじ。影があるかんじ」という、その情景が浮かぶような素敵な想像を発表してくれたこと。想像力豊かで、ツインズさんもとても嬉しそうでした(*’ω’*)

最後に、近くで演奏を聴く機会が!

ケースにクラリネットを片付けていきながら、コンサートが終了♪

 

クラリネットの面白さがぎゅっと詰まった45分でした!

大久保小学校の皆さん、ありがとうございました!!

これからも元気いっぱいに、音楽を楽しんでくださいね♪

そして、今年度のツインズさんのアウトリーチも本日で最後となりました。

ツインズのおふたり、素敵な笑顔と演奏をありがとうございました!!

演奏家がやってくる! in日野小学校

師走も早いもので半分を過ぎました。

心も落ち着かない12月ですが、音楽のプレゼントをお届けに、

12月13日(月)、14日(火)の二日間、佐世保市立日野小学校へ伺いました!

 

今回のアーティストは、クラシックギタリストの上野裕介さん。

4年1組、2組、3組の皆さんに、少し早い音楽のクリスマスプレゼントです(*’▽’)

美しいクラシックギターの音色に、子どもたちも真剣に聞き入っていました♪

元気で素直な日野小学校の皆さん♪

「ギターが誕生した場所はどこでしょう?」というクイズや、

様々なギターの種類があるという説明にも興味深々!

 

音楽にも、体を揺らして音楽を感じている様子が見受けられました。

皆で演奏に参加して1曲を創り上げたり、

曲が作られた歴史や風景を伝え、それをイメージしてもらう。

45分のプログラムの中に、楽しさや学びがぎゅっと詰め込まれています(*’ω’*)

 

上野さんは、14日で今年度最後のアウトリーチということで、

プログラムとは別の1曲も披露してくださいました。

お家にギターがあるよ!という子ども達もたくさんいたので、

是非、ギターに触って、弾いて、クラシックギターの面白さを感じてほしいと思います!

 

日野小学校の皆さん、ありがとうございました!

そして、素敵な音楽アウトリーチを子どもたちに届けてくださった上野さん。

本当にありがとうございました!!!

 

 

 

 

演奏家がやってくる!in相浦西小学校

12月9日(木)、10日(金)の2日間、

相浦西小学校へコントラバス奏者の亀子政孝さんとピアノの野澤彩子さんと行って参りました!

冬の晴れ間、お昼はあたたかな陽気となりました☀

 

まず、コントラバスの登場に大盛り上がりの子どもたち!!

 

亀子さんからの質問にはどんどん意見が上がって、こちらの予測できないような回答がたくさんあり、改めて子どもたちの感性に驚かされました(>_<)☆

 

 

楽器について、音の仕組みについて、音楽の面白さについて、、、などなど

45分間の授業にギュッと詰め込まれた内容で、

子どもたちからも「もう終わり~?」という声がたくさん上がっていました。

楽しい時間はあっという間でしたが、記憶に残る演奏会になりました♪

 

 

相浦西小学校の皆さん、ありがとうございました!

 

演奏家がやってくる! in世知原小学校

11月30日、世知原小学校にクラリネットデュオ「Twin’s(ツインズ)」さんと行ってきました!

この日は、午後から天気が崩れ、激しい雷雨の中での開催となりました。。。(;^ω^)

 

音楽室に入ると、生徒さん達から、かわいいメッセージが(*’ω’*)

学校も全体が木のぬくもりに包まれた、素敵な雰囲気です☆

開始前から、クラリネットの音を聞きつけ、興味津々に音楽室を覗きに来ていた生徒さん達。

コンサートが開始されてからも、前のめりで演奏を聴いています♪

「クラリネットは何でできているでしょう?」「どうやって音がなっているでしょう?」

クイズと説明に、生徒だけでなく先生も「そうなんだ!」と感嘆の声をあげられていました!

2本のクラリネットの為に作られた曲では、イメージを働かせ、思い思いの音楽の中の物語を作ってもらいました。

イメージに正解はなく、それぞれが感じたままに音楽を楽しんでくださいというメッセージが届けられました♪

 

クラリネットが小さくなったり、大きくなったり。

驚きの45分間になったのではないかと思います(*’ω’*)

世知原小学校のみなさん、これからもたくさんの音楽を聴いて、

楽しい学校生活を送ってくださいね☆

演奏家がやってくる! in吉井北小学校

12月になりました!いよいよ本格的な冬が到来しますね。

冬の澄んでいる空気にぴったりの音楽を聴きたくなります♪

 

さて、11月30日(火)、佐世保市立吉井北小学校へ音楽を届けに行ってまいりました!

今回は、クラリネットデュオのTwin’s(ツインズ)のお二人です♪

2本のクラリネットで奏でる音楽に、子どもたちは興味津々!

「さみしい感じがした」「放課後に帰っている様子みたい」など

いろんなイメージ膨らませて聴いてくれていました♪

コンサートの途中では、

ワルツのリズムに合わせて、右に左に体を揺らし、音楽を体で感じます(*’▽’)

コンサートの最後には、

「豊かな自然に囲まれている環境を大事にして、豊かな感性を磨いていってください」

とお二人からの言葉がありました。

 

吉井北小学校の皆さん、コンサートは楽しんでいただけましたか?

これからも、素直に聞こえてくる音を感じて、感性を育み

音楽から感じるイメージを膨らませていってください☆

 

 

演奏家がやってくる!in皆瀬小学校

朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。

11月25日(木)、佐世保市立皆瀬小学校へ行ってまいりました!

本日のアーティストはクラシックギタリストの上野裕介さん♪

4年生の2クラスの皆さんに音楽をお届けいたしました!

 

 

曲の演奏だけでなく、ギターの種類や楽器の生まれた国について、お話やクイズを交えながら子どもたちに楽しんでいただきました。

 

 

楽器の体験コーナーでは、少し緊張もあった様子でしたが、

クラス全員で1曲演奏するという素晴らしい時間となりました(^^)

「思ったよりも軽かった。」

「思ったよりも簡単に大きな音が出た。」

など、実際に体験しないとわからない感想を聴くことができ、

音楽や楽器に興味を持つきっかけになってくれるといいなと思いました。

 

 

最後に先生からの、

「チャンスはいろんなところにあるから、

勇気を持って一歩挑戦してみるという気持ちを大切にしてほしい。」

というお言葉がとても印象に残りました。

子どもたちへのメッセージでしたが、私たち大人にも響く言葉となりました。

 

皆瀬小学校の皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

 

演奏家がやってくる! in 中里小学校

冬の気配が少しずつ感じられるようになってきましたね。

11月15日(月)、佐世保市立中里小学校に行ってきました♪

 

本日のアーティストは、

コントラバス奏者の亀子政孝さんと、ピアニストの野澤彩子さん。

初めて見るコントラバスの大きさに、びっくりする子どもたち。

そして、その音の重厚さに感激する姿が!(*’▽’)

 

「音は振動でみんなに伝わってるんだよ」という説明で、実際に床に手を触れて

音の伝わりを感じている様子。

口々に「うわー!すごい!」「震えてるのが分かる!」と感動している姿が(*’ω’*)

実際に体験してみると、より楽器について詳しく知るだけでなく「感じる」ことが出来て子どもたちも嬉しそうです☆

 

音楽の中に浮かび上がる、それぞれのイメージを膨らませていきます。

「音楽の好きなところは、自分の自由に想像できるところ。正解も間違いもなく、自分の感じるままに音楽を楽しんでください」というメッセージが届けられました。

 

45分という短い時間ですが、演奏の素晴らしさもさることながら、

リズムの面白さや変奏の面白さ、編曲の面白さもギュっと詰め込まれ、

終わった後の子どもたちの表情を見て

きっとこれから先、ずっとこどもたちの記憶に残る時間となっただろうと感じました。

「こどもの創造性は本当にすごい!」としきりに仰っていた亀子さんと野澤さん。

中里小学校のみなさん、これからも音楽を自由にイメージして、

その豊かな創造性をさらに高めていってくださいね♪

 

 

演奏家がやってくる!in相浦小学校大崎分校

11月9日(火)相浦小学校大崎分校へ、

クラシックギタリスト上野さんと行ってまいりました!

  

大崎分校での演奏家がやってくる!は、

3・4年生の複式学級15名の皆さんへの実施となりました。

ギターを知っている、見たことがある人が多いことに

上野さんも驚きながらもやっぱりうれしい様子。

 

ギターを実際に手に取ってみると思っていたよりも軽いことに

みんなびっくりしていました。

最後は五感を耳だけにして聞いてもらうなど、

真剣な上野さんの演奏姿につられてみんなも演奏に見入って、

あっというまの45分間でした!

 

 

演奏家がやってくる!in宇久小学校

11月2日(火)今回の「演奏家がやってくる!」は

クラリネットデュオ「ツインズ」のお二人と宇久小学校へ行って参りました!

ツインズのお二人も、同行の職員も全員が初めての宇久島ということで

ドキドキワクワクのアウトリーチ事業となりました♪

 

宇久小学校は教室から海が見える場所にありました!

また階段にはとても素敵なステンドグラスがありましたよ♪

 

宇久小学校は生徒数が少ないことから、全学年の33名の子どもたちを対象に実施しました。

今回も出演者はフェイスシールド、子どもたちはマスクをした状態での実施です!

「クラリネットは何で出来ている?」

「2種類のクラリネットはどういう風に違う?」

といった質問にはしっかり挙手をして答えてくれました。

曲を聴いてどんなイメージを持ったかを発表する場面では、

「クラリネットが『あのねー』って言ってる感じがした。」

「二人で遊んだあとに帰るときのさみしい感じ」など

毎回こちらが予想しないような答えが返ってきて、子どもたちの感性に改めて感動しました。

 

授業の最後に、ツインズのお二人からの

「自然がたくさんの宇久島で、美しい景色をたくさん見ることで、

音楽を聴いた時に思い浮かぶ美しい景色が増えますよ。」という言葉が印象に残りました。

 

学年の壁を越えて同じ音楽の時間を共有することができてとても良かったです。

 

 

宇久小学校の皆さん、ありがとうございました!

これからも音楽を楽しんでくださいね♪

演奏家がやってくる! in 相浦小学校

さわやかな秋の風が吹き、過ごしやすい季節になりました。

10月29日(金)は、クラシックギタリストの上野裕介さんと、

佐世保市立相浦小学校に行ってきました♪

音楽室に入ると、生徒さんたちが提案して作って下さった

かわいいちぎり絵(*’▽’)こういう心遣いがとっても嬉しいですね♪

上野さんも「テンション上がります!」と仰っていました♪

 

4年1組、4年2組の生徒さんたちは、とっても真面目!

でも積極的に手をあげたり、体験に参加したりしてくれました(*’▽’)

なんと相浦小学校の橋爪校長先生は、ギターが大好きとのこと!

愛用のアコースティックギターをお貸しくださり、

生徒たちにクラシックギターとの違いを実際に見て感じてもらうことが出来ました!

お楽しみの体験コーナー!

3名の生徒さんに実際に体験してもらい、皆で1曲を作り上げました!

ソル作曲の「練習曲 作品6-11」は、寝転んで聴いてもらうという面白い手法。

体の力を抜いてリラックス。目をつぶり、耳を澄ませ、自然に耳に入ってくる音を聴く。

自然や、私たちが発してる音の全てが音楽になっている、と感じました。

最後は、ガルデル作曲の「Adios Muchachos(アディオス ムチャーチョス)」でお別れです!

軽快なリズム、そしてギターの音色にぴったりの曲でした♪

 

クラシックギターの滑らかで繊細な音、激しく熱情あふれる表現。

しっかりと子どもたちはクラシックギターの面白さを堪能してくれたようでした!

 

相浦小学校の皆さん、ありがとうございました!

お家にあるギター、ぜひ弾いてみてくださいね♪

 

 

 

 

演奏家がやってくる!in 清水小学校

秋空広がる10月26日(火)。すっかり芸術の秋です!

今回の「演奏家がやってくる!」は、

クラリネットディオ「ツインズ」のお2人と清水小学校へ伺いました!

今年度も、感染症対策のため出演者はフェースシールド、

子どもたちはマスクを着用した状態で実施しました。

 

4年1組、4年2組のどちらのクラスも元気いっぱい!

ツインズのお二人の

「クラリネットは何で出来ていると思う?」「曲を聴いてどんなイメージがした?」

という質問にもたくさんの手が上がりました!

 

プーランクの「2本のクラリネッのためのソナタ」を聴いて

「引っ越す前の悲しい気持ちがした…」や「夕方の帰り道」、

「ライオンの口から出てきて追いかけられてるみたい」など

子どもならではの、曲を素直に感じ取った感想を聞かせてくれました。

この豊かな感性をいつまでも大切に持っていてくれたら嬉しいなあ、と思います♪

 

ツインズのお二人も息の合った素敵な演奏を聞かせてくださり、

ワルツの曲ではお二人と生徒たちが、一緒に体を揺らしながら音楽を楽しむ姿が印象的でした。

 

今回のアウトリーチをきっかけに、ツインズが演奏する「クラリネット」や、

音楽そのものにもっともっと興味を持ってくれたら嬉しいです♪

 

子どもたちが音楽からイメージしているもの、

その素晴らしさと感性、想像力に、職員も感動した時間となりました。

 

清水小学校のみなさん、ありがとうございました♪

これからも音楽を楽しんでくださいね♪

 

演奏家がやってくる!in 祇園小学校

1月14日(木)に、クラリネットディオ「ツインズ」のお2人と祇園小学校へ伺いました!

今年度も、感染症対策のため出演者はフェースシールド、子どもたちはマスクを

着用した状態で実施しました。

 

午前中の4年1組、午後の4年2組もどちらのクラスも、

元気いっぱいで明るいクラスでした!

音楽を聴いて印象を発表する時に、「ゾンビが追っかけてるみたいだった!」

「喧嘩をしたけど最後は仲直りした!」などたくさんの意見を発表してくれたことが

印象に残りました。

 

今回のアウトリーチ事業で、楽器を演奏する楽しさや

音楽で色んな場面の表現ができるなどたくさんのことを学んでいただけたと思います。

 

祇園小学校のみなさん、ありがとうございました♪