新国立劇場バレエ団 こどものためのバレエ劇場2020
「竜宮 りゅうぐう」~亀の姫と季(とき)の庭~

2020年9 月19日(土)

開場 13:30開演 14:00
会 場
大ホール

料 金
【全席指定】
S席4,500円/A席3,500円
こども(4才~高校生)各席2,000円
(当日500円増)

チケット
発売中

新国立劇場バレエ団 こどものためのバレエ劇場2020
「竜宮 りゅうぐう」~亀の姫と季(とき)の庭~

多彩な作品創りで

観客を魅了し続ける森山開次と、

新国立劇場バレエ団による

新作バレエ・ファンタジー。

御伽草子の「浦島太郎」をモチーフに綴る、

大人もこどもも楽しめる

バレエ作品の誕生にご期待ください。

 

演出・振付・美術・衣裳:森山開次

森山開次氏をアルカスSASEBO文化茶話にお招きして、「竜宮」の魅力、見どころをたっぷりと語っていただきます。8月30日(日)開催の情報はこちらからジャンプします。

 撮影_石塚定人

 

音楽:松本淳一

音楽:ムーチョ松村

照明:櫛田晃代

音楽:仲田竜太

 

 浦島太郎:井澤駿(IZAWA Shun)

 

 プリンセス 亀の姫:米沢唯(YONEZAWA Yui)


こどももおとなも楽しめる!見どころ満載の新作バレエ

新国立劇場バレエ団 こどものためのバレエ劇場2020
「竜宮 りゅうぐう」~亀の姫と季(とき)の庭~の

見どころを、ご紹介します!

 

Photo by Isamu Uehara

 

『竜宮 RYUUGUU』は、これまでに『サーカス』『NINJA』など、大人も子どもも楽しめるダンス作品を生み出してきた森山開次が、初めてバレエを振付・演出。新国立劇場バレエ団のダンサーたちと共に新しいバレエ作品を創り上げた作品です。

豪華絢爛な竜宮城には、愉快な海の生き物たちがいて太郎をもてなし、春夏秋冬の美しい四季が堪能できる不思議な季(とき)の部屋があります。そして故郷に帰った太郎を待っていた運命とは?

森山開次の手がける「日本をテーマにしたバレエ・ファンタジー」は、お子さまだけでなく、大人のバレエファンにもきっとご満足いただけることでしょう。