コンパス2019年春号

桜の季節となり、すっかり春めいてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

年4回、季刊で発行してお手元へお届けしているアルカスSASEBO情報誌コンパス。今号の表紙はアルカスSASEBOのコア事業の1つ「レジデンス弦楽四重奏団 アルカス・クァルテット」の皆さん。春にぴったりの爽やかなデザインになっています。

アルカス・クァルテットは国内外で活躍する4人の弦楽器奏者が佐世保に滞在して、佐世保だけのコンサートを作り上げる贅沢な企画です。今年のMプロジェクト作曲家「メンデルスゾーン」にちなみ“ユダヤ”をテーマにしてお届けします。どのようなプログラムになるのかは、誌面の川崎洋介さん、西野ゆかさんのインタビュー記事をご覧ください。

そのほか、東京混声合唱団、東京佼成ウインドオーケストラ、ドレミであそぼう!に出演するサクソフォン四重奏団・アダム、アルカスSASEBOジュニアオーケストラと、今回もインタビュー記事盛りだくさんの内容でお届けします。ぜひ、ご一読ください。

年の瀬ですね

年の瀬も押し迫ってまいりましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

年4回、季刊で発行し皆様にお届けしている情報誌コンパス。毎年、冬号では次年度のラインアップを発表しています。2019年度は生誕210周年の記念イヤーとなるメンデルスゾーンをテーマとし、自主・共催事業もオーケストラ、室内楽、合唱、子ども向け公演など多岐にわたり企画しています。ドイツ・ロマン派の作曲家として知られるメンデルスゾーンの作品をお届けするほか、幅広くお楽しみにいただけるポップス、伝統芸能公演などもご用意しております。

 

今号の特集としてはチェンバー・ソロイスツ・佐世保の音楽監督・豊嶋泰嗣さんと旗揚げからのメンバーであるチェンバロ奏者・中野振一郎さんのインタビュー記事を掲載。併せて、表紙では第3回公演の豪華なメンバー総勢22名の顔ぶれを紹介しています。

そのほか、ハーモニカ奏者・和谷泰扶さん、アルプス音楽団のインタビュー記事、声優朗読劇フォアレーゼンの紹介など盛りだくさんの内容でお届けします。ぜひ、ご一読ください。

 

2018年はアルカスSASEBOをご愛顧いただき、まことにありがとうございました。

よいお正月をお迎えください。

2019年も皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

コンパス最新号

朝夕はようやくしのぎやすくなりましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

年4回、季刊で発行し皆様にお届けしている情報誌コンパス。秋号の表紙は、11月25日に行うピアノリサイタル「ジャパネットたかたPRESENTS パスカル・ロジェ×三川内焼~ドビュッシーと光~」をモチーフにした、“ピアノ”“三川内焼”そして“光”をイメージしたデザインとなっています。

特集は、表紙に連動して、「ジャパネットたかたPRESENTS パスカル・ロジェ×三川内焼~ドビュッシーと光~」に出演する世界的ピアニスト、パスカル・ロジェさんのインタビューを掲載。フランスに生まれながら日本が大好きというロジェさんが、フランス音楽やドビュッシーの魅力を語ってくださっています。

記事では、来年3月24日(日)に開催するアルカスSASEBOオリジナル室内オーケストラ「チェンバー・ソロイスツ・佐世保」のソリストとして出演する長崎出身で、現在はメルボルンを拠点に活躍するハープ奏者・朝永侑子さんにハープやドビュッシーについて伺っています。

そのほか、テノール歌手・中鉢 聡さん、結成50周年を迎える日本屈指のジャズボーカルグループタイムファイブ、結成30周年ツアーを行う社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」へのインタビューと内容盛りだくさんでお届けします。ぜひ、ご一読ください。

アルカス 九十九島音楽祭

皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

今年の夏は(も)暑かったですねー!台風が過ぎてやや気温も下がりましたが、これから夏バテなど表れるかもしれませんので体調管理には気をつけてお過ごしください。

お盆も終わり、子どもたちの夏休みもあと2週間程になりました。夏にふさわしい行事として、アルカスSASEBOでは8月18日(土)19日(日)の2日間、全館で「アルカス 九十九島音楽祭2018」を展開することにしています。

大・中・イベントのホールでは約100組の市民演奏家や5組のゲストの皆様がステージで熱演を披露してくれます。また、1階交流スクエアではテマヒママルシェと銘打っていろいろな店舗の物販やイベントをにぎやかに展開していただきます。

それから、18日(土)11:00からは大ホールでアルカスSASEBOジュニアオーケストラの演奏もあります。団員全員でお盆も休まず練習しています。今年11月に大分県で国民文化祭が開催されることになっており、この文化祭にアルカスSASEBOジュニアオーケストラも出場するため、大分のiichikoグランシアタ・ジュニアオーケストラと8月1日、2日に合同練習も行ってきたところです。

どうぞ今年の夏の思い出作りにぜひお出かけください。

もうすぐ夏休み!

今年ももう7月に入りました。近年は予測が難しい空模様となっております。今年も早くも大雨や台風の接近などご多聞にもれないようですが、いかがお過ごしでしょうか?

梅雨明け、七夕、夏休み…。子どもも大人も何かしらワクワクする季節を迎えます。今回はこれらにちなんだ話を少しばかり。

私達が運営する施設はアルカスSASEBO。今年で18年目を迎えますので、この名称はすっかり定着した感がありますが、これは平成13年のオープン前、平成11年に公募により4163件の中から決まった愛称です。

「アルカス」とは、ギリシャ神話の母と子の物語に登場する子どもの名前です。ある日、狩りに出かけたアルカスは1頭の熊と出会います。実はこの熊は、呪いによって姿を変えられたアルカスの母親・カリストでした。そんなことも知らないアルカスは、母親を仕留めようとします。それを見かねた大神ゼウスはアルカスを小熊の姿に変えて空にあげ、カリストはおおぐま座に、アルカスはこぐま座になったそうです。

こぐま座をかたどる星の中に「ポラリス」という星があります。これはいわゆる「北極星」のことです。北極星は北半球ではほとんど動かない星として、大航海時代に多くの船を道しるべとして照らし、導きました。そのことから、「市民を明るく照らす施設であるように」との願いを込めてつけられたのです。(ご存知だった方はおさらいということで…)

さて、来る7/7(土)には「ドレミであそぼう!~0才からのクラシック~」、8/18(土)19(日)の2日間は全館を挙げての一大イベント「アルカス九十九島音楽祭」、8/26(日)には「ジブリの思い出がいっぱい オーケストラによるドリームコンサート」と、この夏も親子で、ご家族で楽しめるイベントが目白押しです。

今回は、親子向け、家族向けのコンサート、イベントを紹介しましたが、この夏、夜空を見上げ、満天の星空で輝く北極星を見つけた時には、アルカスSASEBOのことを思い浮かべていただければと思います。

どうぞ、お出かけください。お待ちしております。

新年度最初のコンパス

春寒次第に緩み、一雨ごとに春の息吹が立ち込めてまいりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

2018年最初の「コンパス」は、佐世保が舞台となっているアニメ「坂道のアポロン」に登場する主人公・薫とその主人公のピアノ演奏を前編に渡って担当した松永貴志さんが表紙を飾っています。「坂道のアポロン」といえば、佐世保出身の漫画家・小玉ユキさんによるコミックで、今年3月には佐世保でロケが行われた実写映画が全国公開され、話題となっています。アルカスSASEBOでもそんな「坂道のアポロン」を取り入れたコンサート「吹奏楽 meets JAZZ Shion×松永貴志」を6月30日に開催。ご出演いただく松永貴志さんのインタビューも掲載しています!

また、6回目の定期演奏会を迎えるアルカスSASEBOジュニアオーケストラの座談会、音楽とアートのコラボレーションパフォーマンスユニット・アートムジカやコンテンポラリーダンスカンパニー・セレノグラフィカ、アルカスSASEBOのレジデンス弦楽四重奏団・アルカスクァルテットメンバーへのインタビューなど読み物も充実してお届けします。