リトアニア・ヴィリニュス市合唱団「ヤウナ・ムジカ」

2022年10 月14日(金)

開場 17:30開演 18:30
会 場
アルカスSASEBO大ホール

料 金
【全席指定】A席:6,500円 B席:5,500円

チケット
発売前
発売日

アルカスクラブ会員先行発売:7月2日(土)
一般プレイガイド発売:7月9日(土)

リトアニア・ヴィリニュス市合唱団「ヤウナ・ムジカ」

日本リトアニア友好100周年記念

リトアニア・ヴィリニュス市合唱団「ヤウナ・ムジカ」

リトアニアから世界に響く 祈りのハーモニー

 

合唱の国・リトアニアが世界に誇る合唱団 待望の日本初公演!

〈出演〉

リトアニア・ヴィリニュス市合唱団「ヤウナ・ムジカ」

 

〈予定曲目〉

「合唱のためのコンポジション」第1番より第3楽章・第4楽章(間宮芳生)

喜ばしく歌え(ウィリアム・バード)

ルクス・エテルナ(エドワード・エルガー)

3つのリトアニア民謡(ヴァツロヴァス・アウグスティナス)

ほか

 

日本とリトアニア友好100周年を記念し、バルト三国のひとつ、リトアニアから最も有名で実力のある合唱団「ヤウナ・ムジカ」が待望の初来日公演を行います。

リトアニアは1918年に独立を果たすも、わずか20年でソ連に編入。約50年もの間、人々は歌を通して自由と独立を求めてきました。バルト三国の人々にとって、歌は一部。歌うことで自己を表現し、自国民であるという誇りや伝統文化を受け継いできました。1990年代の東西冷戦の終結により独立を宣言。この時も武力ではなく「歌」によって国民が団結し独立を勝ち取りました。日本とリトアニアの関係は、1922年に日本が独立間もないリトアニアを国家として承認しており、本年で100周年の節目に当たり、日本とリトアニア友好100周年の節目を迎えます。

「ヤウナ・ムジカ」は1989年に創設。リトアニアの首都ヴィリニュスを拠点に活動し、リトアニアで最も実力のある合唱団として知られており、これまで15の国際合唱コンクールで優勝。国際的な評価を得ています。合唱団を率いる音楽監督で指揮者のヴァツロヴァス・アウグスティナスは、リトアニア国立文化芸術賞を受賞した音楽家・作曲家としても知られています。

ステージでは、リトアニア民謡や世界の合唱曲の他、日本の合唱作品も披露します。

祈りにも似た荘厳で透明感あふれる歌声に、どうぞご期待ください。

 

 

主催:MIN-ON

共催:アルカスSASEBO

※未就学児入場不可