アルカスクラブ会員 優待事業
アルカスSASEBO 四季の映画祭“夏”

2022年8 月12日(金)

開場 18:15開演 18:30

2022年8 月13日(土)

開場 09:45開演 10:00

2022年8 月14日(日)

開場 09:45開演 10:00
会 場
イベントホール

料 金
アルカスSASEBO四季の映画祭夏
【一般料金(自由席)】1作品鑑賞券 1,000円(全3 作品セット券 2,200円)
【アルカスクラブ会員料金(自由席)】1作品鑑賞券 500 円(全3 作品セット券 1,100円)

アルカスSASEBO四季の映画祭夏休みスペシャル
2001年宇宙の旅
【アルカスクラブ会員限定料金(自由席)】 500 円
会員1名につき1枚を販売
※200席限定、アルカスSASEBOのみでの販売
※1作品鑑賞券・全3作品セット券では「2001年宇宙の旅」はご  覧いただけません。

チケット
発売中
発売日

アルカスクラブ・ 一般プレイガイド 同時発売 5月7日(土)

アルカスクラブ会員 優待事業
アルカスSASEBO 四季の映画祭“夏”

春・夏・秋・冬。季節ごとに、感動をお届けします。新しい映画の愉しみ方。

アルカスクラブ会員 優待事業として、令和4年度から新たにスタートする「アルカスSASEBO 四季の映画祭 」
四季を通じて、そのシーズンにピッタリの映画や、近隣では上映機会のなかった話題の映画、見逃してしまったあの作品など、様々なジャンルの作品をピックアップしてお届けします。

「アルカスSASEBO 四季の映画祭 “夏”」では、話題作の日本映画や、過去のアルカス映画祭で上映して好評を博したインド映画を上映します。

また、佐世保でのスクリーン上映は1978年以来44年振りのあの映画も、アルカスクラブ会員限定でスペシャル上映!

アルカスクラブ会員の皆さんは、お得なお値段でご鑑賞いただけます。
まだ、会員でない方は、この機会にぜひご入会いただき、新しい映画鑑賞スタイルを満喫してください!

チラシの画像をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。

 

【上映プログラム(開場は上映開始時間の15分前です)

映画 太陽の子/GIFT OF FIRE

8月13日(土) 10:00~11:51(通常版)
8月14日(日) 13:30~15:21(字幕付)

製作年:2021年
製作国:日本
上映時間:111分(1時間51分)
監督:黒崎博
出演:柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

僕らは、未来を作っていると思ってたー
“日本の原爆開発”を背景に、 3人の若者の決意と揺れる想いを描いた300日の青春グラフィティ

戦況が最終局面を迎えた1945年の夏。科学者・石村修と研究員たちは、国の未来のために原子核爆弾の研究開発を進めていた。戦禍で家を失った朝倉世津は幼なじみの修の家に住むことになる。戦地から修の弟・裕之が一時帰宅し、3人は久しぶりに再会。戦地で深い心の傷を負った裕之、物理学研究の裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた修、そんな2人を力強く包み込む世津は、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。そして、運命の8月6日が訪れてしまう。

「太陽の子」作品ホームページ(Click here)

 

きっと、うまくいく / 3 idiots

8月13日(土) 12:30~15:20(通常版)
8月14日(日) 16:00~18:50(通常版)

製作年:2009年
製作国:インド
上映時間:170分(2時間50分)
監督:ラージクマール・ヒラーニ
出演:アーミル・カーン/カリーナ・カプール/R・マーダヴァン
©Vinod Chopra Films Pvt Ltd 2009. All rights reserved

あなたの人生が光り輝くヒントがきっとある!
インドで興行収入歴代ナンバーワンを記録する大ヒットとなったコメディドラマ。2013年に開催の「アルカス映画祭~アジア映画スペシャル~」で大喝采を浴びた傑作映画のリバイバル上映。インド屈指のエリート理系大学ICEを舞台に、型破りな自由人のランチョー、機械よりも動物が大好きなファラン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの3人が引き起こす騒動を描きながら、行方不明になったランチョーを探すミステリー仕立ての10年後の物語が同時進行で描かれる。

「きっと、うまくいく」作品ホームページ(Click here)

 

この世界のさらにいくつもの片隅に

8月13日(土) 16:00~18:48(通常版)
8月14日(日) 10:00~12:48(字幕付)

製作年:2019年
製作国:日本
上映時間:168分(2 時間48分)
監督:片渕須直
声の出演:のん/細谷佳正/岩井七世
©2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

国内外で高い評価を得た「この世界の片隅に」に、新たなシーンを追加したロングバージョン。日本が戦争のただ中にあった昭和19年、広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれ、懸命に毎日の暮らしを紡いでいく。新たな生活は戦況の悪化で日々困窮していくが、そんなある日、すずは、迷い込んだ遊郭でリンという女性に出会う。境遇は異なるものの、呉ではじめて出会った同世代の女性であるリンにすずは次第に心を通わせていくが・・・

「この世界のさらにいくつもの片隅に」作品ホームページ(Click here)

アルカスクラブ会員限定上映!
アルカスSASEBO四季の映画祭夏休みスペシャル

 

2001年宇宙の旅 / 2001:a space odyssey

8月12日(金) 18:30~20:49(通常版)

会員1名につき1枚を販売。200席限定、アルカスSASEBOのみでの販売

製作年:1968年
製作国:アメリカ
上映時間:139分(2時間19分)
監督・制作・脚本・特殊効果監督:スタンリー・キューブリック
原作・脚本:アーサー・C・クラーク
音楽:ヨハン・シュトラウス(美しき青きドナウ)/リヒャルト・シュトラウス(ツァラトゥストラはかく語りき)
特撮(SFX)監修:ダグラス・トランブル

©2008 Warner Bros.Entertainment Inc. All Rights Reserved

佐世保でのスクリーン上映は1978年以来44年ぶり!劇場スクリーンに蘇る、54年前に描かれた、21年前の未来。