平成26年度「アルカスSASEBOロビーコンサート」出演者募集!

アルカスSASEBOでは、生の音楽の素晴らしさを伝えること、地元演奏家の方々に演奏の場を提供することを目的に、平成16年度から無料で気軽に楽しんでいただけるロビーコンサートを開催しております。

これまでに、声楽・ピアノ・管楽器・弦楽器・和楽器などの演奏が披露され、毎回多くの市民の皆様にご来場いただき、大変ご好評をいただいております。今回この趣旨に賛同いただける演奏家を募集します。

皆様のご応募をお待ちしております。

 

申込用紙はこちらをクリック。

 

【  対 象  】プロ・アマ・ジャンルは問わず、この趣旨に賛同していただける音楽活動をしている個人や団体

 

【 演奏時間 】20分程度

 

【 申込方法 】申込用紙に必要事項を記入し、演奏を記録したもの(MD・CD・DVDなど)、写真1枚を添付して

         アルカスSASEBOまでお申し込みください(郵送または持参)

 

【出演について】運営は、地元演奏家の方々とアルカス事業部による事務局にて対応しております。

         事務局で出演者を決定し、ご出演を依頼する際は日程調整もご相談させていただきます。

         ※交通費の一部支給があります

 

【  申込先   】〒857-0863 佐世保市三浦町2-3  アルカスSASEBO ロビーコンサート係

 

【 募集締切 】2/28(金)必着

 

 

<平成26年度の予定>

日程   場所 時間
平成26 4月5日(土) 1階エントランスロビー 14:0015:00
8月1日(金) 19:0020:00
1129日(土)点灯式 17:0018:00
平成27 2月7日(土) 14:0015:00

 

 

※注意事項※ 

開催場所、時間については変更になる場合がありますので、ご了承下さい。

アルカスSASEBOロビーコンサートvol.50開催のお知らせ

土曜の午後のひととき、気軽に生の音楽を楽しんでみませんか?

通算50回目を迎える今回は、恒例のクリスマスツリー点灯式とともに、

ピアノとヴァイオリンデュオの2組の演奏をお届けします。

 

日時:11月30日(土) クリスマスツリー点灯式後17:20頃~18:00

会場:アルカスSASBEOエントランスロビー

 

 〈出演〉

♪重松壮一郎(ピアノ)

予定曲目:free improvisation(即興演奏)

 重松壮一郎

 

♪月元 悠(ヴァイオリン)、藤本翔大(ヴァイオリン)

予定曲目:2つのヴァイオリンのための協奏曲第1楽章(バッハ)

       無伴奏ヴァイオリンソナタ 第2番 第 1楽章 obsession(イザイ)

       歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲(マスカーニ)

       ロマンス第2曲 イ長調 Op.94-2(シューマン) 

       チャルダッシュ(モンティ)

 月元悠藤本翔大

 

「平成25年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業」

 

共催:(公社)させぼ夢大学

17:00からクリスマス バラの折紙ツリー(させぼ夢大学)の点灯式がございます。

アルカス映画祭 アジア映画スペシャル 「ライフさせぼ」での連載対談を公開します!

11月8日(金)~10日(日)の3日間にわたって行われる“アルカス映画祭 アジア映画スペシャル”。

ライフさせぼで、連載が3年ぶりに再開された対談「亜細亜的電影談」の紙面をアップします。

第1回はこちらhttp://arkas.or.jp/wp_arkas/wp-content/uploads/2013/09/AA1.pdf

第2回はこちらhttp://arkas.or.jp/wp_arkas/wp-content/uploads/2013/09/AA2.pdf

第3回はこちらhttp://arkas.or.jp/wp_arkas/wp-content/uploads/2013/10/life3.pdf

第4回はこちらhttp://arkas.or.jp/wp_arkas/wp-content/uploads/2013/10/life4.pdf

第5回はこちらhttp://arkas.or.jp/wp_arkas/wp-content/uploads/2013/10/life51.pdf

第6回はこちらhttp://arkas.or.jp/wp_arkas/wp-content/uploads/2013/10/life6.pdf

第7回はこちらhttp://arkas.or.jp/wp_arkas/wp-content/uploads/2013/10/life7.pdf

“ライフのまきたろう”と“醬キエロ”の絶妙なトークをお楽しみください!

佐世保JAZZ 2013 街角ライブの出演者が決定しました!

佐世保JAZZ 2013 街角ライブ(島瀬公園会場)の出演者が決定しました!

佐世保市内外で活躍するプロ・アマチュアミュージシャンが勢ぞろいしました!

詳しくは下記リンクをご覧ください。

http://arkas.or.jp/wp_arkas/?p=17658&cat26_09

アルカスSASEBOロビーコンサートvol.49終了しました。

生の音楽を身近に、そして気軽に楽しんでいただくことで好評のロビーコンサート。

今回は、パーカッションデュオの演奏と、テノールの歌声をお届けしました。

 

<一組目>

文角BUNKAKU/BUN Imai、角銅真実

 

[曲目]

FLIP FLOP (BUN Imai)、石炭ドロップス (BUN Imai)

リーフレットダンス (吉松 隆)、インベンション第一番 (バッハ)

Wine song (角銅真実)、ガーナイア (シュミット)

 

マリンバや、ジェンベ、手作りのオリジナル楽器などで楽しい演奏となりました!

 

<ニ組目>

田代 誠(テノール)、井上紘奈(ピアノ)

 

[曲目]

慕情 (ウェヴスター 詞/フェイン 曲)、小さな空 (武満徹 詞/曲)

椰子の実 (島崎藤村 詞/田中寅二曲)、木兎 (三好達治詞/中田喜直 曲)

グラナダ (ララ詞/曲)

 

藤原歌劇団のテノール歌手として活躍の田代さん。久しぶりの故郷・佐世保での演奏で

素晴らしい歌声を披露していただきました。

たくさんのご来場、ありがとうございました。

本日のロビーコンサートの様子が、テレビ佐世保で放映されます。

9/14(土)19時、23時
9/15(日)3時、7時、11時、15時
「スポットイン佐世保」内のコーナーです。ぜひご覧ください。

次回は11月30日(土)クリスマスツリー点灯式のあと、17:20頃から開催いたします。

NHK長崎放送局 開局80周年記念 「BS日本のうた」公開録画

 

アルカスSASEBOでは、NHK長崎放送局、佐世保市と共同で、

NHK長崎放送局 開局80周年記念 「BS日本のうた」公開録画を実施します。

 

日時:平成25年10月24日(木)

開場:午後6時  開演:午後6時40分  終演予定:午後8時40分

 

観覧申込:郵便往復はがき(私製を除く)の

「往信用裏面」に、(1)郵便番号、(2)住所、(3)名前、(4)電話番号

「返信用表面」に、(1)郵便番号、(2)住所、(3)名前

を明記し、

〈あて先〉〒850-8603(住所不要)NHK長崎放送局「BS日本のうた」係

までお送りください。

〈締め切り〉平成25年9月30日(月)必着

*応募多数の場合は抽選の上、1枚で2人様まで入場できる整理券を10月9日頃に発送します。

*1歳以上のお子様から入場整理券が必要です。

 

出演(五十音順):

狩人

川野夏美

坂本冬美

平浩二

中村美律子

西方裕之

走裕介

氷川きよし

水田竜子

由紀さおり

吉幾三

司会:青井実アナウンサー

放送予定:未定 

お問い合せ:NHK長崎放送局 企画編成
TEL:095-821-3124 ※午前10時~午後6時(土・日・祝日除く)
NHK長崎放送局ホームページ http://www.nhk.or.jp/nagasaki/

※ご応募の際にいただいた個人情報は、抽選の結果のご連絡のほか、NHKの受信料のお願いに使用させていただくことがあります。

 

 

 

 

アルカスSASEBOロビーコンサートvol.49開催のお知らせ

生の音楽を気軽に、身近にお楽しみいただく好評のロビーコンサート。

土曜の午後のひととき、テノールの歌声と、パーカッションの演奏をお楽しみください。

 

日時:9月14日(土) 14:00~15:00

 

会場:アルカスSASEBOエントランスロビー

 

<出演>

文角 BUN KAKU /BUN  Imai、角銅真実(打楽器)

 

予定曲目:ガーナイア、インベンション第1番 ほか

 

 

 

田代 誠(テノール)、井上紘奈(ピアノ) 

 

予定曲目:慕情、ムーンリヴァー、椰子の実 ほか

 

 

  「平成25年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業」

 

 

「アルカスSASEBOファミリーコンサート in 千綿中学校」 開催のお知らせ

今年も「ながさき音楽祭2013」の一環として、「アルカスSASEBOファミリーコンサート」を以下の内容で開催します!

藤原歌劇団正団員として東京などで数多くのオペラやオペレッタに出演し活躍されている佐世保市出身のテノール歌手にご登場いただき、日本歌曲やイタリア歌曲などをお楽しみいただきます。

どなた様でもご覧いただけますので、多くのお客様のご来場を心よりお待ちしております!

 

ながさき音楽祭アーティスト経費支援事業

 「アルカスSASEBOファミリーコンサートin 千綿中学校」

 

日時:9月13日(金) 開場 13:45  開演 14:00 終演予定 14:50

 

会場:東彼杵町立千綿中学校 体育館

   *駐車場には限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。

 

入場無料

 

出演:田代 誠(テノール)、井上 紘奈(ピアノ)

 

予定曲目:宵待草、椰子の実、オーソレミオ ほか

 

主催:アルカスSASEBO  

共催:長崎県、ながさき音楽祭実行委員会     

お問い合わせ:アルカスSASEBO 0956-42-1111、長崎県東彼杵町立千綿中学校0957-47-1222

助成:平成25年度 文化庁 地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ 

 

 

アルカスSASEBOロビーコンサート vol.48開催のお知らせ!

生の音楽を気軽に、身近にお楽しみいただく好評のロビーコンサート。

今回は夜の開催です!真夏の夜のひととき、フルートアンサンブル、お琴、ソプラノの演奏をお楽しみください。

 

日時:8月16日(金) 19:00~20:00

*今回は、金曜日の夜公演となっておりますので、曜日・時間等お間違えないようにご来場ください。

 

会場:アルカスSASEBOエントランスロビー

 

 

<出演>

菊の会 久家慶子、藤山祐雅、川口美乃(琴)

 

予定曲目:綺羅、鳥のように、線香花火、せせらぎ

 

 

フルーツ♪ドロップs(フルートアンサンブル)

大宅華琳、重松里奈、靏野帆香、森下紅葉

 

予定曲目:Dog’n Bone Rag、美女と野獣、フルーツパフェより「ジェラート コン カフェ」、フルート吹きの休日

 

 

辻 真由美(ソプラノ)、濱手 美貴子(ピアノ)

 

予定曲目:私を泣かせてください(ヘンデル)、七つの子(本居長世)  ほか

 

「平成25年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業」

第2回 させぼ文化ウィーク開催に伴う「楽園天国制作ワークショップ」の参加者と受講者を募集します!

アルカスSASEBOでは、昨年開催しご好評をいただいた「させぼ文化ウィーク」を今年も11月9日(土)~17日(日)の9日間にわたり開催します(主催:させぼ文化ウィーク実行委員会・佐世保市)。

 

音楽や演劇、アートなどさまざまなジャンルの文化芸術が集い、子どもから大人まで楽しめる催しを計画中です(詳細は改めてお知らせいたします)。

 

このうち、演劇のジャンルでは地元劇団「劇団楽園天国」による事前ワークショップを『明日に伝えるさせぼの民話~聞き書きで作品を作ろう~』を8月11日(日)に開催します。

 

大勢の皆様のご参加をお待ちしております。

第2回 させぼ文化ウィーク開催に伴う「楽園天国制作ワークショップ」の参加者と受講者を募集します!

アルカスSASEBOでは、昨年開催しご好評をいただいた「させぼ文化ウィーク」を今年も11月9日(土)~17日(日)の9日間にわたり開催します(主催:させぼ文化ウィーク実行委員会・佐世保市)。

 

音楽や演劇、アートなどさまざまなジャンルの文化芸術が集い、子どもから大人まで楽しめる催しを計画中です(詳細は改めてお知らせいたします)。

 

このうち、演劇のジャンルでは地元劇団「劇団楽園天国」による事前ワークショップを『明日に伝えるさせぼの民話~聞き書きで作品を作ろう~』を8月11日(日)に開催します。

 

※申込方法、内容、募集締切日等の詳細については、こちらをご参照ください

 

 

“佐世保JAZZ 2013”の情報をまとめました

佐世保JAZZ 2013の情報ページです。

それぞれの詳細は、各イベントタイトルをクリックしてご確認ください。

佐世保JAZZ 2013

期間:平成25年9月13日(金)~10月13日(日)

場所:アルカスSASEBO、ハウステンボス、島瀬公園ほか佐世保市内各所

 

[会期中の催し]

[佐世保JAZZ 2013 at アルカスSASEBO]

日時:平成25年10月13日(日)開場13:15 開演14:00 終演予定20:45

会場:アルカスSASEBO 大ホール

出演:マリーン/TOKU Group/松永貴志 TRIO/PINK BONGO with Gen Ogimi/J&K(梶原順&安達久美)/Takt Project

料金:大人4,000円 学生1,000円(自由席・当日500円増)

 

[佐世保JAZZ 2013 街角ライブ]

期間:平成25年9月28日~10月12日(土)までの土日に複数回開催

[島瀬公園会場の主な出演者]

9月28日(土):松尾明 (Ds) TRIO with 田中真由美 (Vo) 出演予定時間17:00~

9月29日(日):松千 出演予定時間14:00~ / Sakura y su Pinto con Pintura (サルサ) 出演予定時間18:20~(佐世保市内の中高ブラスバンド部が出演する「ブラスバンドフェスタ」も開催されます。)

10月5日(土):JAM(福岡県行橋市) 出演予定時間17:00~ / SandyTrip 出演予定時間18:00~

10月6日(日):宮野寛子(P)トリオ 出演予定時間16:30~

10月12日(土):PINK BONGO with Gen Ogimi 出演予定時間18:00~

[京町公園会場]

9月29日(日) 佐世保市内外のアマチュアミュージシャン多数出演

10月6日(日) 佐世保市内外のアマチュアミュージシャン多数出演

[佐世保玉屋前会場]

9月29日(日) 佐世保市内外のアマチュアミュージシャン多数出演

10月6日(日) 佐世保市内外のアマチュアミュージシャン多数出演

 

[佐世保JAZZ 2013 オープニングイベント 元クリスタルキング同窓会 in SASEBO]

日時:平成25年9月13日(金)

公演時間:開場18:00 開演19:00

会場:アルカスSASEBOイベントホール

料金:自由席 前売り3,000円(当日3,500円)

 

総合パンフレットはこちらからご覧いただけます(表面) (裏面

第2回 させぼ文化ウィーク開催に伴う「市民合唱団」、「ピアノ&オペラセミナー」の参加者と受講者を募集します!

アルカスSASEBOでは、昨年開催しご好評をいただいた「させぼ文化ウィーク」を今年も11月9日(土)~17日(日)の9日間にわたり開催します(主催:させぼ文化ウィーク実行委員会・佐世保市)。

 

音楽や演劇、アートなどさまざまなジャンルの文化芸術が集い、子どもから大人まで楽しめる催しを計画中です(詳細は改めてお知らせいたします)。

 

このうち、音楽のジャンルでは、①『「西海讃歌」・合唱組曲「筑後川」コンサート』の合唱参加者、②「ピアノ&オペラセミナー」の受講生・聴講生を募集しています。

 

① 『「西海讃歌」・合唱組曲「筑後川」コンサート』は、昨年の文化ウィークで行った「第九コンサート」の第二弾として、11月17日(日)アルカスSASEBO大ホールにて、コンサートを行います。

 

② 「ピアノ&オペラセミナー」では、世界的に活躍する三舩優子さん(ピアニスト)、佐野成宏さん(テノール)を講師にお迎えしてセミナーを開催します。 受講については、オーディションを行います。

 

大勢の皆様のご参加をお待ちしております。

 

第2回 させぼ文化ウィーク開催に伴う「市民合唱団」、「ピアノ&オペラセミナー」の参加者と受講者を募集します!

アルカスSASEBOでは、昨年開催しご好評をいただいた「させぼ文化ウィーク」を今年も11月9日(土)~17日(日)の9日間にわたり開催します(主催:させぼ文化ウィーク実行委員会・佐世保市)。

 

音楽や演劇、アートなどさまざまなジャンルの文化芸術が集い、子どもから大人まで楽しめる催しを計画中です(詳細は改めてお知らせいたします)。

 

このうち、音楽のジャンルでは、①『「西海讃歌」・合唱組曲「筑後川」コンサート』の合唱参加者、②「ピアノ&オペラセミナー」の受講生・聴講生を募集しています。

 

① 『「西海讃歌」・合唱組曲「筑後川」コンサート』は、昨年の文化ウィークで行った「第九コンサート」の第二弾として、11月17日(日)アルカスSASEBO大ホールにて、コンサートを行います。

 

② 「ピアノ&オペラセミナー」では、世界的に活躍する三舩優子さん(ピアニスト)、佐野成宏さん(テノール)を講師にお迎えしてセミナーを開催します。 受講については、オーディションを行います。

 

※申込方法、内容、募集締切日等の詳細については、こちらをご参照ください。

 

 

 

アン・サリーライブ チケット取扱店舗を拡大しました!

以下の店舗で取り扱いしていただいています。

お近くのお店でぜひお求めください!

〈佐世保エリア〉

■MamaPapa編集部 住所:857-0042長崎県佐世保市高砂町4-12-2F 電話:0956-56-3541

■音食亭 ブラウニー (Brownie) 住所:〒857-0874 長崎県佐世保市京坪町4-3 電話:0956-25-4777

■MY珈琲 住所: 〒857-0133 長崎県佐世保市矢峰町170−4 電話:0956-49-2550

■地球屋 住所: 〒857-0875 長崎県佐世保市下京町9-20 電話:0956-23-9899

■西肥バス佐世保バスセンター 住所: 〒857-0862 長崎県佐世保市白南風町8-17 電話:0956-23-2121

■ハウステンボス観光 住所: 〒859-3243 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1 電話:0956-27-0290

■アルカスSASEBO 住所:857-0863 長崎県佐世保市三浦町2-3 電話:0956-25-2020 (チケットカウンター ※電話予約可)

 

〈佐世保四ヶ町商店街〉

■カワシモレコード 住所:〒857-0871長崎県佐世保市本島町3-5 電話:0956-23-7158

■古川楽器 住所: 〒857-0055 長崎県佐世保市湊町2-16 電話:0956-25-2852

■佐世保玉屋 住所: 〒857-0054 長崎県佐世保市栄町2-1 電話:0956-23-8181

 

〈波佐見エリア〉

■ベースマン 住所:〒859-3724 長崎県東彼杵郡波佐見町志折郷2074 電話:080-4318-5143

■モンネポルト 住所:〒859-3711 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4 電話:0956-85-8155

■モンネ・ルギ・ムック 住所:〒859-3711 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4 電話:0956-85-8033

 

〈PCからのご予約・お買い求め〉

下記アドレスより、チケットぴあ、ローソンチケットをクリックしてご予約・お買い求めください。

セット券もお求めいただけます。

■おとなが楽しむアン・サリー http://arkas.or.jp/wp_arkas/?p=16843&cat26_09

■おやこで楽しむアン・サリー http://arkas.or.jp/wp_arkas/?p=16847&cat26_09

■イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp (イープラスはセット券の販売はありません)

 

それぞれ若干枚数ですので、事前に確認の上お求めください。

 

チラシを以下のお店で配布中です(こちらも部数が少ないです)

〈佐世保エリア〉

■てげてげ(喫茶 靴 雑貨 他のお店) 住所:857-0040長崎県佐世保市比良町1-13 0956-25-8844

■犬の美容室 ぽち 住所: 〒857-0134 長崎県佐世保市瀬戸越3丁目2-20 電話:0956-49-2415

■市場食堂あるま 住所: 〒857-0875 長崎県佐世保市下京町11-1 電話:0956-88-7699

■ニコカフェ (2CO cafe) 住所:〒857-0131 長崎県佐世保市大野町226 電話:0956-88-8636

■オランダの花やさん 住所:〒859-3224 長崎県佐世保市重尾町2654 電話:0956-38-8783

〈波佐見エリア〉

■HANAわくすい 住所:〒859-3711 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4 電話:0956-85-8155

(西海市エリア)

■パオ 住所: 〒851-3505 長崎県西海市西海町太田和郷4600-51 電話:0959-29-4080

アルカス・クァルテットの弦楽レッスン

7月18日はアルカス・クァルテットメンバーがアルカスSASEBOジュニアオーケストラの弦楽パートの団員にレッスンを行いました。

10月の定期演奏会の曲を見てもらったり、楽器の構えから教えてもらったりと贅沢な時間になりました。

ジュニアオケ団員でない皆さんは、こちらをどうぞ

明日20日の15時に中ホールにクァルテットメンバーの演奏をご堪能ください!

アルカス・クァルテットアウトリーチコンサート

事前訪問などの情報を小出しにしてきました、アルカス・クァルテットのアウトリーチ(おでかけ)コンサート。

本日7月17日に、菊の香幼稚園、さざなみ保育園をアルカス・クァルテットが訪問しました。

 

まずは、アイネ・クライネ・ナハトムジークでご挨拶。

楽器紹介のあと、バルトークの弦楽四重奏曲4番から、5楽章の一部と4楽章。

次に、グラズノフの5つのノヴェレッテより、東洋風に。

これは、事前訪問でCDを聴きながら絵を描いた曲。

この曲は、行ったことのない東洋を想像してグラズノフが書いたもの。

こどもたちがその曲から何を想像したのか、スライドを見ながら演奏を聴きました。

最後に、ベートーヴェン弦楽四重奏曲第3番から4楽章でお別れしました。

というプログラムでした。

天気がよく暑い午後でしたが、涼しいコンサート会場で、楽しい演奏会となりました。

どちらの園も音楽を楽しんで聴いている様子が、印象的なコンサートになりました。

 

参加できなかった大人の皆さんは、こちらをどうぞ

今週土曜日、アルカスSASEBO中ホールにお越しくださいませ!

「新日本フィルハーモニー交響楽団」の皆さんが、佐世保入りされました!

いよいよ明日15日(月・祝)に本番を迎えます「新日本フィルハーモニー交響楽団」の皆さん約90名が、無事佐世保入りされました!

今日は、会場となるアルカスSASEBO大ホールで、夜までリハーサルの予定です。

 

コンサートは、明日15日本番、15時開演となっております!

開演前には、チケットご購入の方々とアルカスクラブ会員様が無料で参加出来る「公開リハーサル」も開催いたします。(要申込)

 

約90名による迫力ある演奏、指揮 クリスティアン・アルミンクのタクトさばき、豊嶋泰嗣が奏でるストラディヴァリウスの音色を、是非お楽しみください!

 

佐世保を九州唯一の拠点ホールとして、保育園や学校でのミニコンサート、アルカスSASEBOジュニアオーケストラへの指導、地元演奏家との共演ステージへの出演など、佐世保に文化芸術を広める活動にご協力をいただいているオーケストラの方々を、多くのお客様でお迎えしたいと思います!

 

皆さまのご来場、心よりお待ちしております!

 

料金など公演の詳細は、こちらをご覧ください→http://arkas.or.jp/wp_arkas/?p=16713&cat26_07

アルカスQアウトリーチに向けて続き

今日は、さざなみ保育園にお邪魔しました。

ヴァイオリンの前田さん、司会の石井さん、アシスタントの谷口さんの3人と一緒に

年長、年中クラスの皆さんと、ヴァイオリンを触ったり、音色からどんな気持ちになるか考えたりしました。

 ヴァイオリン弾いてみる

 

 

 

 

 

 

弓って馬のしっぽだって!

 

 弓って馬のしっぽでできていると教えてもらったり。

 

 

 

 

グラズノフを聴いて絵を描いてみる

 

そしてグラズノフの曲から絵を描いて・・・

来週やってくるアルカス・クァルテットのミニコンサートへの期待が膨らみます!

 

園児じゃない皆さんは、こちらをどうぞ

アルカス映画祭のラインアップが決定しました!

アルカス映画祭のラインアップをお知らせします。
今回は「アジア映画スペシャル」と題して、
改めて、アジア映画の魅力を最大限にお知らせします。

なんと、ボリウッド(インド)映画から、
2作品をラインアップ。
日本映画も2本ラインアップしました!
詳しい内容は、下記URLから、ご確認ください!

http://arkas.or.jp/wp_arkas/?p=17998&cat26_11

 

アルカス・クァルテットアウトリーチ公演に向けて

7月に入りました。毎年7月は、アルカス・クァルテットの月です!今年も14日~20日の期間、アルカスSASEBOの中ホールに室内楽の名手が国内外から集まって、オリジナルのコンサートを作ります。

滞在期間中には毎年ホールを飛び出してミニコンサートを企画しています。今年は、初めて幼稚園&保育園に出かけていく予定です。

なかなか弦楽四重奏を聴く機会のない子どもたち。いや、大人だってあまり耳なじみがない方が多いかもしれません。そこで、積極的に弦楽四重奏を楽しめるよう、年長クラスの皆さんに事前訪問を行いました(今日は菊の香幼稚園を訪問しました)。

kikunoka01

 

 

 

 

登場したのは、劇団楽園天国の石井マキさんと、ヴァイオリン奏者の前田純美加さん。ヴァイオリンのいろんな弾き方を目の前で実演したり、実際に子どもたちにヴァイオリンを鳴らしてもらったりしながら弦楽器の音色に興味を持ってもらいました。前田さんのヴァイオリンから出てくる音から、いろんな気持ちや象さんの鳴声を想像してみます。さいごに、ちょっと難しいけれど、CDで弦楽四重奏を聴いてどんな色や形が浮かんでくるか、絵に描いてみることに。

kikunoka02

 

 

 

 

大人たちはみんなが描けるか心配していたんですが、いろんな色でどんどん描いていきました。今日描いてもらった絵は、アルカス・クァルテットが菊の香幼稚園にやってきたときに登場します。弦楽四重奏と子どもたちの絵がどんな世界を作るのか、楽しみです。

 

幼稚園児じゃない方は、こちらで弦楽四重奏の世界をお楽しみください。

アルカス“キラッ都”させぼコンサート 出演者プロフィール

~出演者プロフィール~

 

豊嶋泰嗣(指揮・ヴァイオリン)

桐朋学園で江藤俊哉、アンジェラの両氏に師事。在学中よりヴァイオリン、ヴィオラ奏者としてソリスト、室内楽、コンサートマスターとして演奏活動を始める。86年、大学卒業と同時に新日本フィルのコンサートマスターに就任。その後もサイトウ・キネン・オーケストラ等でコンサートマスターを務め、指揮者、オーケストラからの信頼も厚い。ソリストとしては、88年のサントリーホールでリサイタルデビュー、その後ベルリン放響、バシュメット&モスクワソロイスツ、ロンドン・モーツァルト管弦楽団等、国内外のオーケストラとの共演。

室内楽奏者としては、ハレー・ストリング・クァルテットを結成し、00年までカザルスホールのレジデントクァルテットを務めた。現在アルティ弦楽四重奏団のメンバーとして活躍。スターン、ヨーヨー・マ、アルゲリッチ、ズッカーマン、マイスキー、ストルツマン等との共演を重ねている。

現在は新日本フィル ソロ・コンサートマスター、兵庫県立芸術文化センター管 コンサートマスター、九州交響楽団桂冠コンサートマスター。91年村松賞、第1回出光音楽賞、92年芸術選奨文部大臣新人賞受賞。京都市立芸術大学准教授、桐朋学園大学および大学院講師。1719年製 アントニオ・ストラディバリウスを使用。

アルカスSASEBOには室内楽企画のプロデュースやジュニアオーケストラのミュージックアドヴァイザーとして関わりが深い。

 

弘田徹(新日本フィルハーモニー交響楽団チェロ奏者)

 

ⒸM.Okubo / New Japan Philharmonic

1974年東京生まれ。97年東京芸術大学卒業。在学中に学内オーディションに合格し、P.ディシュパイ指揮、芸大オーケストラと協奏曲を共演。同大学同声会主催による卒業演奏会に出演。東京文化会館にてM.ロストロポーヴィチに師事。1998年新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。99年アフィニス夏の音楽祭に参加。

アルカスSASEBOにはジュニアオーケストラの指導やランチタイムコンサートへの出演などで関わりが深い。

 

 

石田祐華利(ソプラノ)

長崎県出身 東京藝術大学卒業、同大学院音楽科声楽専攻修了。イタリアや日本国内でオペラやミュージカルに出演。劇団四季に在籍(‘98~‘99)。あらゆる曲調に対応する色彩豊かな声質、表現力、演出力が魅力。藝大在学中よりヴォイストレーニングの研鑽を積む。都内音楽専門学校、高等学校芸能科、プロダクション等での指導はジャンルを問わず多岐にわたる。また近年ではシンガポール、タイ等国内外を問わず活動の幅を広げている。

‘02年 モンテプルチャーノ国際音楽祭(イタリア)にてオペラ「ディドとエネアス」出演(ディド役)

‘09年「国益を考える講演会」にて国歌斉唱(岐阜・長良川国際会議場)

‘10‘11‘12年シンガポール日本文化協会ゲスト出演(シンガポール)

‘10‘11‘12年バカラカウントダウン点灯式第9ソリスト

シングル「おかあさん」アルバム「風のいろ」、「竹久夢二と大正ロマン」全国発売

 

永安淑美(ソプラノ)

佐々町出身。佐世保西高校卒業。東京学芸大学を経て、東京芸術大学卒業、同大学院修士課程独唱科修了。

第43回西日本新人演奏会で文化協会賞受賞。第12回練馬文化センター新人演奏会で最優秀賞を受賞。オペラ「イドメネオ」エレットラ、「ラ・ボエーム」ミミ、「蝶々夫人」蝶々さん、「トゥーランドット」リュー、平井秀明作曲「かぐや姫」かぐや姫、フィオレンツァ・コッソット演奏活動50周年記念公演「トロヴァトーレ」にイネス役で出演、ヴィヴァルディ「グローリア」モーツァルト「レクイエム」ベートーヴェン「第九」等の宗教曲ソリスト、ベトナム縦断コンサートツアー、ジャマイカコンサートツアー参加、美しい日本の歌の会読売名曲コンサート、武雄市北方宝石箱コンサート、Pivoの泉コンサートなど多数。これまで平石祐子、坂井洋子、大島洋子、原田茂生、黒崎錬太郎、岳籐豪希、朝倉蒼生、呉恵珠、林康子の各氏に師事。

 

藤永和望(ソプラノ)

長崎県佐世保市出身。東京芸術大学音楽学部声楽科ソプラノ専攻卒業。同大学大学院修士課程終了。

オペラでは“蝶々夫人”蝶々さん、“ボエーム”ミミ、“椿姫”ヴィオレッタ、“魔笛”パミーナ、“修道女アンジェリカ”アンジェリカ、“道化師”ネッダ、“カルメン”ミカエラ、フラスキータ、“電話”ルーシー、“妖精”ファルツァーナ、“ノルマ”アダルジ-ザ、“カヴァレリア・ルスティカーナ”ローラ等の役で多数出演。オーディションにより選抜されパミーナ役で出演した岡村喬生氏主宰NPOみんなのオペラ“魔笛”はDVDとして発売されている。小澤征爾音楽塾のオーディションに合格し、塾生として“フィガロの結婚”“ドン・ジョヴァンニ”“こうもり”“ボエーム”に参加。オーディションに合格し、北九州音楽祭に出演。九州交響楽団によるオペラガラコンサート、日伊交歓ガラコンサート、シューベルト歌曲連続演奏会や、ベートーヴェン“第九”、ドヴォルジャーク“スタバト・マーテル”、モーツァルト“レクイエム”、シューベルトのミサ曲、ヴィヴァルディ“グローリア”、モーツァルト“雀のミサ”のソプラノソリスト等、オペラ以外にも多数出演。東京レディースシンガーズや東京オペラシンガーズに所属し、多数の演奏会やCD録音、サイトウキネンなどに参加。

声楽を故・樋渡美智子、原田茂生、多田羅迪夫、故・伊藤亘行、Marcella Realeの各氏に師事。二期会会員。

 

 

田代 誠(テノール)

長崎県佐世保市出身。旧北松南高校卒、東京音楽大学オペラ科、同研究科修了。文化庁オペラ歌手研修所第四期生修了。小川源、持田篤、栗林義信、アリゴ・ポーラ、アンドレア・モナコの各氏に師事。在学中より東京文化会館推薦演奏会に出演。日伊コンコルソ・毎日音楽コンクール入選、イタリア声楽コンコルソにてテノール特賞。第1回五島記念文化財団奨学生としてイタリア留学。

「カルメン」にてデビュー以来、「蝶々夫人」、「ボエーム」、「マノン・レスコー」、「道化師」、「カヴァレリア・ルスティカーナ」、「椿姫」、「マクベス」、「アイーダ」、「オテロ」、「シモン・ボッカネグラ」等イタリアオペラを中心に国内外の著名な指揮者、演出家、歌手たちと共演(ゼッフィレッリ、アントン・グアダーニョ、ダニエル・オーレン、小澤征爾、若杉弘、ピエロ・カップチッリ、レナート・ブルゾン、ジャコミーニ、フィオレンツァ・コッソト、エヴァ・マルトン、ギネス・ジョーンズほか)。

「第1回五島記念文化財団オペラ新人賞」、「ジローオペラ新人賞」、受賞。1989年「アイーダ」ラダメス役にて藤原歌劇団発足以来の「総監督賞」を受賞。若杉弘・都響のワーグナーシリーズにおいて「ニーベルングの指輪」、「パルジファル」、「マイスタージンガー」等で好評を博し新境地を開いた。サントリーホールでのマーラー「大地の歌」(若杉弘指揮)はフォンテックよりCD発売がなされ、93年度レコードアカデミー特別部門賞を受賞。帰国後も藤原歌劇団をはじめ多くのオペラ、オラトリオ、コンサートに活躍。特に日生劇場での松村貞三作曲オペラ「沈黙」の93年、95年の初演、再演において主役ロドリーゴを演じ、大きな話題を呼んだ。(初演版CD発売)

またNHK交響楽団との「グレの歌」をはじめ、NHKニューイヤー、題名のない音楽会、一万人の第九、サッポロビールCM等、メディアにも数多く出演。99年ナスカー99でのアメリカ国家斉唱は全米に衛星生中継された。新国立歌劇場公演においても「アイーダ」、「ナブッコ」、「ルチア」、「こうもり」、「夕づる」に出演。中劇場にて「ロメオとジュリエット」、「2人のフォスカリ」、「恋愛禁制」、「白馬亭」等に出演。近年ルドルフ・ピープル、カタリン女史等の指揮で多くのオペレッタにも主演している。「メリー・ウィドウ」、「微笑みの国」、「こうもり」、「チャルダッシュの女王」等。今年は「ヴェニスの一夜」、「椿姫」、「こうもり」、「シモン・ボッカネグラ」、「マクベス」、「夕づる」の6本のオペラに出演予定。

一方、後進の指導育成にもあたり「マコトに愉快な仲間たち」を主宰、安房おぺら「華狐」、「安房ネコ物語」、「海女の花」等、青少年向け新作オペラを毎年上演している。藤原歌劇団正団員、草加市オペラ協会総監督、安房おぺら、つくばオペラ合同事業「夕づる」芸術総監督、東京音楽大学講師。

 

松尾興(バリトン)

長崎県立佐世保北高等学校卒業、国立音楽大学声楽科卒業。小川 源、野中匡雄の各氏に師事。オーストリア・ザルツブルクにてI. A. コッラデッティ、K.マイヤー、R.クノールの各氏に師事。イタリア・ジェノヴァにてG.パスティネ、E.コンスーマ、L.マラリアーノの各氏に師事。

‘86西日本新人紹介演奏会にて声楽部門第1位「福岡音楽文化協会賞」受賞、‘86全日本新人音楽コンクール入選、‘88ザルツブルク国際声楽コンクールファイナリスト、‘89第2回国際音楽コンクールin下関「審査員長賞」受賞(東敦子賞)。

これまでに、歌劇「真間の手古奈」行麿、歌劇「フィガロの結婚」タイトルロール及び伯爵、歌劇「海の子守唄」老人、歌劇「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロール及び騎士長、「椿姫」ジェルモン、「トスカ」スカルピア、「リゴレット」タイトルロール、「オテロ」ヤーゴ、「トロヴァトーレ」ルナ伯爵、「カルメン」エスカミリオを東京、名古屋、福岡をはじめ日本各地にて好演。

‘96にはイタリアのサルザーナ歌劇場にて歌劇「リゴレット」タイトルロールで初日を飾りイタリアデビューする他、同歌劇場主催コンサートに出演。

国内外においては、ソロリサイタル、ガラコンサート、ベートーヴェン「交響曲第9番」、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「戴冠ミサ」、バッハ「カンタータ」等のソリストとして出演し好評を博す。

近年はイタリアにて、‘07サンタ・マルゲリータ・リグレ国際音楽祭におけるガラコンサート、‘08アルベンガ国際音楽祭の野外劇場における歌劇「トスカ」ハイライト(スカルピア役)、‘09ポルトフィーノ国際音楽祭及びインペリア国際音楽祭にてジョイントリサイタルやガラコンサートに出演。

国内では、‘08グランデオペラコンサート歌劇「リゴレット」ハイライト(主役・東京)、‘09ヴェルディの祭典「トロヴァトーレ」ハイライト(ルナ伯爵役・東京)、‘09芸術祭“ひろしまの春”にてリサイタル、‘10同芸術祭「リゴレット」ハイライト(主役)、‘11同芸術祭「トスカ」ハイライト(スカルピア役)、‘12~‘13福岡にてヴェルディ生誕200年記念リサイタル(ヴェルディプログラム)等、多数の演奏会に出演。

また、近代イタリア発声法(ヴェルディ・プッチーニ以降の発声法)についての研究のため‘07~‘10まで繰り返し渡伊。九州公私立大学音楽学会において、その研究発表及び論文発表を‘08より毎年行っている。

現在、福岡大学附属大濠高等学校音楽教諭、九州公私立大学音楽学会会員。

 

東儀秀樹さんへのインタビュー

5月16日(木)に、させぼ夢大学5月講演会の講師として佐世保に来られた東儀秀樹さん。

講演会前のお時間に、8月17日(土)公演の「東儀秀樹×古澤巌 guest.coba」に向けてのお話を、

記者の皆さんに語っていただきました。

詳しくは、月刊ならでわ、西日本新聞の紙面、テレビさせぼの放送でご覧ください。

月刊ならでわは、6月号に掲載予定です。

テレビさせぼでの放送は、5月30日(木)19:00初回放送のスポットインサセボになりました。

お見逃しなく!

 

公演情報は>こちら

させぼ夢大学の皆様、講演会前の貴重なお時間をありがとうございました。

伝統文化 佐世保こども茶道教室 A教室締切ました!

現在募集中の「平成25年度 伝統文化佐世保こども茶道教室」のA教室(表千家)は、初級・中級とも定員に達したため、申込を締切ました。

B教室(宗徧流)、C教室(裏千家流)、D教室(鎮信流)は、まだ申込を受け付けております。

先着順となっておりますので、お早めにお申し込みください!

詳細はこちらをご覧ください ⇒ http://arkas.or.jp/wp_arkas/?cat=13

アルカスSASEBOファミリーコンサートin吉井南小学校

4月27日(土)に開催した『0才からのクラシック 親子で楽しむコンサート

バロック音楽で楽しむ「三匹の子ブタ」』の出演者である、

ラ・フォンテーヌ(江崎浩司/リコーダー・オーボエ、三宮正満/オーボエ、

高群輝夫/チェロ、水永牧子/チェンバロ)の4名が、

公演前日の26日(金)に吉井南小学校にてファミリーコンサートを行いました。

 

 

吉井南小学校の全校生徒に加え、吉井中学校の1年生のみなさんも

コンサートを聴きに来てくれました。

 

 

ピアノを習っている人はいますかー?

チェンバロはピアノよりも昔に使われていた鍵盤楽器なんですよ。

 

他にも、バロック音楽が日本にお侍さんがいた頃のヨーロッパの音楽であることや、

「バッハ」はかつらをかぶっていたこと、

日本では「小川」という意味だということなどを教えてもらいました。

 

 

最後の曲「フェンシング指南」では、出演者の4名がフェンシング選手、

審判、看護婦さんに変身して、フェンシングの試合を再現。

楽しい演出で、にぎやかで素敵な時間を過ごすことができました。

終演後には、チェンバロを近くで見ることができ、みんな興味津々でした。

川崎洋介さんテレビ出演

アルカス・クァルテットの第1ヴァイオリンでお馴染みの川崎洋介さんが、

3月の文化茶話スペシャルで来られたときに収録したインタビューが、

NHK「ヒルミテ」で放送されます。

4月24日(水) 11:45~12:00 NHK総合

番組ホームページは こちら→http://www.nhk.or.jp/nagasaki/program/hirumite/index.html

(国会中継などで放送日変更の可能性もあります)

7月のコンサートに向けた川崎さんからのメッセージをご覧ください。

アルカスSASEBOファミリーコンサート in 春日幼児園

4月15日(月)「ランチタイムコンサートⅢ~新日本フィルメンバーとともに~」の出演者

弘田徹(新日本フィルハーモニー交響楽団チェロ奏者)、齊藤享(ヴァイオリン)、

上尾髙二(ヴィオラ)、濱崎典子(ピアノ)の4名が春日幼児園にてファミリーコンサートを行いました。

 

間に少し楽器のお勉強もしました。

楽器の大きさが違うと音はどうなるかな?ピアノの鍵盤はいくつある?などの質問に

元気一杯にいろんな答えを言ってくれました。

 

 

上の写真はチェロが床に音を響かせているのを床に耳をあてて体験しているところ。

皆で実際に“音”を体感しました。

 

「おもちゃのチャチャチャ」では手拍子で園児に参加してもらい、

曲の速さを上げていってもみんなきちんとついていくことができました。

「こいのぼり」でも一緒に歌ったりと、短くもとっても楽しいひとときとなりました。

アルカスSASEBOジュニアオーケストラ25年度開講式&新日本フィルレッスン

4月13日(土)、「アルカスSASEBOジュニアオーケストラ」の平成25年度開講式を行い、

新たに23名の仲間が加わり、総勢97名にて2年目の新たなスタートを切りました。

 

開講式には新日本フィルハーモニー交響楽団より弘田徹さん、澤田和慶さんをはじめ、

日々の練習の指導にあたる地元演奏家講師38名の中から7名の先生方、

そして10月20日(日)の定期演奏会で指揮をしていただく清水醍輝先生にもご出席いただきました。



新入団員の23名にはそれぞれ自己紹介してもらい意気込みを語ってもらいました。

清水先生のお話の中であったように、新たに97名がひとつのチームにまとまって、

まずは10月の第1回定期演奏会に向けて頑張っていきます!!

 

 

そして同日と翌14日には新日本フィルの楽団員によるレッスンが行われました。

今回は澤田和慶さん(ヴァイオリン)、弘田徹さん(チェロ)、森明子さん(オーボエ)、田中雅樹さん(ホルン)の

4人の方にご指導いただきました。



 

今回は定期演奏会に向けてもう一度しっかりと基礎からご指導いただくとともに

定期演奏会での演奏曲、交響曲第9番「新世界より」にも取り組みました。

 

 

これから約半年間定期演奏会に向けてミュージック・アドヴァイザーの豊嶋泰嗣さん、

清水醍輝さん、新日本フィルの楽団員の皆さん、地元演奏家講師の皆さんからご指導いただきながら

頑張っていきます!

 

 

 

平成25年度 アルカスSASEBO清掃業務事業者募集

アルカスSASEBOを効率的かつ快適、安全に運営するパートナーを募集します。

詳細は、こちらの募集要項をご覧ください。

お尋ねは、募集要項の中の質問書を使用し、ファックスでお願いします。

伝統文化佐世保こども茶道教室 参加者募集

アルカスSASEBOでは、子どもたちへ茶道を通して日本の伝統文化や日常生活に役に立つ作法を学べる茶道教室を平成16年から開催し、今回で10回目となりました。講師には地元から4つの流派の表千家流、裏千家流、宗偏流、鎮信流の方々にご協力をいただいています。畳の上での所作から茶室でのもてなし方まで、茶道を通じて日本の伝統文化にふれてみてはいかがでしょうか。

 1.参加資格  佐世保市内の小学3年生~中学3年生

          ※小学1~2年生の参加は、小学3年生以上の兄・姉と一緒であれば可能です。 

 

2.応募締切  平成25年5月19日(日)まで

          ※先着順に受付し、各教室定員になり次第締切となりますので、お早めにお申込みください。 

 

3.会   場  アルカスSASEBO 3階 和室・茶室 

 

4.受講 料  2,000円(発表会を含む全5回分のお茶代、お菓子代の実費)

          ※1回目の受付時に徴収いたします。欠席された場合の払い戻しはできません。 

 

5.応募方法  申込用紙にご記入の上、アルカスSASEBOまで持参、または郵送、FAXにてお申込みください。

          ※電話による受付は行っておりません。 

 

6.内   容  ※各教室の日程は、チラシをご覧ください

          ①初級コース:茶道の心得、お辞儀の仕方、座り方・立ち方、ふすまの開け方、お茶・お菓子の出し方等

          ②中級コース(初級修了者):お茶をたてる「略点前」、ふく紗さばき、茶しゃく、なつめなど茶道具の扱い方、茶道のもてなし方等

※中級コースは各教室により受講者の経験に合わせてクラスが分かれることもあります。

※中級は初級修了者が対象です。初級修了者が再度初級を受講することも可能です。

 

<申込み・お問合せ先>

アルカスSASEBO「こども茶道教室」係

〒857-0863 佐世保市三浦町2-3

TEL (0956)42-1111 FAX (0956)24-0051

アルカス・クァルテット メンバーのプロフィール

川崎洋介/第1ヴァイオリン 

kawasaki

1977年ニューヨーク生まれ。父である川崎雅夫のもと、6歳でヴァイオリンをはじめ、10歳でジュリアード音楽院予科に入学を認められる。ドロシー・ディレイ、ヒョー・カン、フェリックス・ガリミア、ジョエル・スミルノフに師事。現在は、ピンカス・ズッカーマンが音楽監督を務めるオタワの国立アートセンターオーケストラのコンサートマスターを務める一方、カナダを拠点にソリスト、室内楽奏者として活躍。日本では、水戸室内管弦楽団やサイトウ・キネン・オーケストラのメンバーとして活躍。その才能に注目が集まっている。アルカスには「豊嶋泰嗣と仲間たち」「アミーチ・クァルテット」「トリオ・プラス」のメンバーとして登場している。

 

 

西野ゆか/第2ヴァイオリン 

nishino

桐朋学園大学音楽学部を経て、同大学研究科修了。 第45回全日本学生音楽コンクール高校の部第2位。’96年、読売新聞社主催第66回新人演奏会に出演。桐朋学園の推薦によりスカラシップを得て、タングルウッド音楽祭に参加。また同年よりサイトウ・キネン ・オーケストラに参加する。 第1回東京室内楽コンクール第1位受賞。第2回大阪国際 室内楽コンクール弦楽四重奏部門第2位受賞。’00年には、 イタリアで開催された第5回パオロ・ボルチアーニ国際 弦楽四重奏コンクールにおいて最高位、併せてサルバトーレ・シャリーノ特別賞受賞。  また’09年、第19回新日鐵音楽賞『フレッシュアーティスト賞』を弦楽四重奏団として初めて受賞する。 ’10年10月より開講のサントリー『室内楽アカデミー』では、コーチング・ファカルティに就任。 その他、リゾナーレ室内楽音楽祭、宮崎国際室内楽音楽 祭、ゆふいん音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭、草津音楽祭など数々の音楽祭に参加。クァルテット・エクセルシオ第1ヴァイオリン奏者。

 

柳瀬省太 /ヴィオラ

yanase

5歳よりヴァイオリンを始め、吉永清子、小国英樹、久保陽子の各氏に師事。第41回全日本学生音楽コンクール西日本大会高校の部第2位。18歳よりヴィオラを始め、店村眞積、岡田伸夫の各氏に師事。東京藝術大学音楽学部、桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに学ぶ。96年、第52回ジュネーヴ国際音楽コンクールディプロマ賞。97年、第1回淡路島しづかホールヴィオラコンクール優勝。2002年、文化庁芸術家在外派遣研修生としてイタリア・パドヴァに留学。2004年から2009年までシュトゥットガルト州立歌劇場管弦楽団、2009年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者。ストリング・クヮルテットARCO、サイトウ・キネン・オーケストラのメンバー。第1回松方ホール音楽賞、大阪文化祭賞を受賞。アルカスには「ストリング・クヮルテットARCO」のメンバーとして登場している。

 

辻本 玲/チェロ

tsujimoto

1982年生まれ。7歳よりチェロを始める。11歳まで米国フィラデルフィアで過ごし、東京芸術大学音楽学部器楽科を首席で卒業。同時にアカンサス音楽賞受賞。2003年、第72回日本音楽コンクール第2位併せて「聴衆賞」受賞。2007年度青山音楽賞新人賞受賞。五嶋みどり氏が主催する「Community Engagement Program」に参加し、世界各地で共演。2008年より、ロームミュージックファンデーションより奨学金を得てシベリウスアカデミー(フィンランド)に、その後ベルン芸術大学(スイス)に留学。第2回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール第3位入賞(日本人最高位)、併せて「日本人作品最優秀演奏賞」を受賞。メタ・ワッツ、オーランド・コール、川元適益、上村昇、山崎伸子、アルト・ノラス、アントニオ・メネセスの各氏に師事。アルカスには「ながさき音楽祭The Chamber Players」のメンバーとして登場している。公式サイト rei-tsujimoto.com

アルカスSASEBOロビーコンサートVol.47 終了しました

生の音楽を身近に、そして気軽に楽しんでいただくことで好評のロビーコンサート。

今回は、トランペット、フルート・パーカッション・ピアノのトリオ、そしてピアノ独奏の3組による演奏をお届けしました。

 

<1組目>

藤澤明日菜(トランペット)、江口友規子(ピアノ)

曲目:トランペットボランタリー(ジェレマイア・クラーク)

    星に願いを(リー・ハーライン)

    黒いオルフェ(ルイズ・ボンファ)

 

トランペットとフリューゲルホルンの豊かでかっこいい演奏をお楽しみいただきました。

途中で行われたイントロクイズ!

テレビなどで耳にしたことのある曲がたくさんあり、とても盛り上がりました。

 

 

<2組目>

クレサナミア

メンバー:矢野麗奈(フルート)、椋尾奈穂(パーカッション)、森 昭子(ピアノ)

曲目:イパネマの娘(アントニオ・カルロス・ジョビン)

    見上げてごらん夜の星を(いずみたく)

    月の光(ドビュッシー)

    情熱大陸(葉加瀬太郎)

 

どこかで聞いたことのある名曲たちを、佐世保弁の楽しいお話を交えながら

わくわくするような軽やかな演奏でお届けしました。

パーカッションの華麗な手さばき・足さばきに釘づけになった方も多いのではないでしょうか。

 

 

<3組目>

村上 稜(ピアノ)

曲目:ゴールドベルク変奏曲 アリア(J.S.バッハ)

    スケルツォ 2番(F.ショパン)

 

中学1年生とは思えない、とても美しく洗練された演奏をしていただきました。

今回初めてというMCでは、曲にまつわる絵本を紹介され、時に笑いも起こるような

こちらも中学生とは思えない素敵なトークをお聞かせくださいました。

 

 

今回もたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

 

次回は6月1日(土)18:30から中ホールにて、ロビーコンサートスペシャルを開催いたします。

 

また、現在、平成25年度のロビーコンサート出演者を募集しております。

くわしくはこちらをご覧ください。

アルカスSASEBOファミリーコンサート in 木風小学校

2月25日(月)ランチタイムコンサートⅡ~新日本フィルメンバーとともに~に出演した

澤村康恵(新日本フィルハーモニー交響楽団副首席クラリネット奏者)、

藤原かんば(フルート)、西川千穂(オーボエ)、種口敬明(ファゴット)、伊藤咲(ホルン)の5名が

佐世保市立木風小学校の体育館にてファミリーコンサートを行いました。

クラリネットの澤村さんの進行で木管五重奏による演奏をお聞きいただきました。

以下の写真は楽器紹介の様子です。

 

 

フルートはたくさんの子が見たことのある楽器で手がいっぱいあがりました。

オーボエとクラリネット、良く似ているけどどこが違うのかな?

演奏中楽器をよく見ていた生徒たちはその違いにすぐ気付きました。

種口さんによるファゴットの紹介はとてもユニークでたくさんの笑いであふれていました。

木管五重奏だけれどただひとり金管楽器のホルン。

しかし木管五重奏に欠かせないホルンの音色を皆さんに聞いていただくことができました。

 

「となりのトトロ」や「さんぽ」ではみんなが口ずさみ一緒に歌ってくれました。

最後には校歌を演奏し、生徒約250名と一緒に歌い楽しいひとときとなりました。

 

第15回「別府アルゲリッチ音楽祭」鑑賞宿泊バスツアー 参加者募集

アルカスクラブ会員限定 

 別府アルゲリッチ音楽祭提携公演「ミッシャ・マイスキー 無伴奏チェロ・リサイタル」関連企画開催決定!

 

大分市のiichikoグランシアタで開催される「祝祭コンサート~歴史を紡ぐ音~」を鑑賞するバスツアー。マルタ・アルゲリッチや清水髙師、セルゲイ・ナカリャコフ、趙静など豪華メンバーが出演するコンサートを観に行きませんか? 湯布院自由観光や、パワースポットとしても人気の高い全国八幡社の総本宮の「宇佐神宮」の参拝や国宝などの文化財が展示されている「宝物館」の鑑賞、昭和30年代の街並みが再現された豊後高田のレトロスポット「昭和の町」の自由観光付きです!

 

< 行程>

5月18日(土) 昼食付

9:00アルカスSASEBO出発~湯布院にて昼食・自由観光~16:00~19:30予定「祝祭コンサート」鑑賞(A席10,500円チケット付)~大分 オアシスタワー ホテル泊

 

19日(日) 朝食付

9:25~八幡総本宮「宇佐神宮」参拝・宝物館観光~11:05~豊後高田「昭和の町」自由観光~17:00アルカスSASEBO帰着予定

 

2名1室 一人料金:25,000円(1名1室の場合2,000円追加)

【旅行代金に含まれるもの】18日昼食代、19日朝食代、往復のバス代、宿泊代、公演チケット代、宝物館入館料

 

 定員:先着 40名 (最小催行人数:20名)   応募締切:4月30日(火) 

 

*参加は小学生以上の方に限らせていただきます。*コンサートのお座席はこちらで決めさせていただきます。

*詳しい旅行条件書をお渡しします。事前に確認の上お申し込みください。

*最小催行人数に満たない時は、お預かりしている旅行費用の全額をお返しいたします。

*取消料はお一人様につき発生します。

 

【交通・宿泊費等の取消料】

20日~8日前

7日~2日前

前日

当日

旅行開始後

20%

30%

40%

50%

100%

 

【チケット代金の取消料】

~2日前

前日~旅行開始後

発生しない

100%

 

バスツアーのチラシは、マイスキー関連企画「アルカスSASEBO文化茶話」のページのチラシをご覧ください。http://arkas.or.jp/wp_arkas/?p=16536&cat26_04

 

<旅行企画・実施>

長崎空港ビルディング株式会社 佐世保旅行センター 観光庁長官登録旅行業第1104号(社)日本旅行業協会正会員

総合旅行業務取扱管理者:松本 省三

 

3月2日(土)より申し込み開始。この機会にぜひアルカスクラブにご入会ください!

アルカスSASEBOロビーコンサート vol.47

週末の午後のひととき、気軽に生の音楽を楽しんでみませんか?

今回は、トランペット、フルート・パーカッション・ピアノのトリオ、そしてピアノ独奏の3組による演奏をお届けします。

 

日時:3月2日(土)14:00~15:00

会場:アルカスSASEBOエントランスロビー

入場無料

 

<出演1組目>

藤澤明日菜(トランペット)、江口友規子(ピアノ)

曲目:黒いオルフェ(ルイズ・ボンファ)、星に願いを(リー・ハーライン) ほか

 

 

 

<出演2組目>

クレサナミア

メンバー:矢野麗奈(フルート)、椋尾奈穂(パーカッション)、森 昭子(ピアノ)

曲目:見上げてごらん夜の星を(いずみたく)、情熱大陸(葉加瀬太郎) ほか

 

 

<出演3組目>

村上 稜(ピアノ)

曲目:ゴールドベルク変奏曲 アリア(J.S.バッハ)、スケルツォ 2番(F.ショパン) 

 

アルカスSASEBOジュニアオーケストラ平成25年度新入団員募集!

平成24年4月よりスタートした「アルカスSASEBOジュニアオーケストラ」では現在約80名の団員が

日々、練習に励んでいます。新年度を迎えるにあたって、新しく一緒に活動する仲間を募集いたします!

音楽が好き、オーケストラで演奏してみたい人、初心者の方でも大丈夫です。皆さんのご応募お待ちしてます!

■応募資格

・佐世保市を中心とした小学4年生~高校生(市外の方も可)

・月4回の練習に必ず参加できオーケストラの活動に積極的に取り組める人。

・音楽が大好きでやる気がある人。初心者も大歓迎!

※入団希望者面談を3月に実施します。(詳細は応募者に対し、後日ご連絡します。)

■募集パート

・弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器の全パート(数に限りはありますが楽器の貸出も行っています。)

■活動内容

・練習/月4回 土・日曜日(基本9:00~17:00の間)

・会場/アルカスSASEBO地下1階練習室およびリハーサル室

・団費/月額2,000円(その他必要な場合、ご負担いただくことがあります。)

■講師

≪ミュージックアドヴァイザー≫

豊嶋泰嗣(新日本フィルハーモニー交響楽団ソロ・コンサートマスター)

・新日本フィルハーモニー交響楽団 楽団員

・長崎県内外の地元演奏家

■応募方法

・所定の用紙に必要事項を記入し、郵送またはアルカスSASEBO1階事務所まで持参。

(申込用紙はアルカスSASEBO館内にも設置しています。)

申込〆切/2月28日(木) 必着

 

【お問い合せ・申込先】

〒857-0863 佐世保市三浦町2-3 アルカスSASEBO 事業部 ジュニアオーケストラ係

TEL:0956-42-1111/FAX:0956-24-0051 /10:00~18:30 (第2・4水曜日 休館)

♪その他ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

主催:アルカスSASEBO  共催:佐世保市