アルカス映画祭 2013 アジア映画スペシャル

11 月8日(金)

11 月9日(土)


会 場
イベントホール

料 金
自由席
1作品鑑賞券 1,000円
3作品鑑賞券 2,000円
7作品鑑賞券 4,500円

アルカス映画祭 2013 アジア映画スペシャル

観た人だれもが幸せになれるアジア映画。

ハッピーエンドが嬉しい作品を中心に、7作品、堂々ラインアップ!

ハリウッドに変わる映画産業の聖地(メッカ)として、高い注目を集めるボリウッド(インド)映画。

ボリウッド映画の特徴は、なんといってもエンタテインメントの要素がギュッと濃縮されて、ラストには必ずハッピーエンドが待っていること。

そんなボリウッド映画の話題作を中心に、今回のアルカス映画祭は“アジア映画”に改めてスポットを当てました。

インド、韓国、台湾、モンゴルそして日本。

まだまだ鮮度を失わず、世界中から注目され続ける“アジア映画”。

アジア各地への旅に、アルカスSASEBO イベントホールから出発しましょう!

 

アルカス映画祭 「アジア映画スペシャル」タイムスケジュール (作品名をクリックすると作品解説にジャンプします)

11月8日(金)

09:30~11:02  父の初七日(台湾)

11:30~13:24  旅立ちの島唄 ~十五の春~(日本・沖縄)

14:00~16:49  恋する輪廻~オーム・シャンティ・オーム(インド)

17:20~19:18  拝啓、愛しています(韓国)

19:50~21:30  かぞくのくに(日本)

 

11月9日(土)

09:15~11:13  拝啓、愛しています(韓国)

11:45~13:43  モンゴル野球青春記 バクシャー(日本・モンゴル)

14:15~17:05  きっと、うまくいく(インド)

17:35~19:29  旅立ちの島唄 ~十五の春~(日本・沖縄)

20:00~21:32  父の初七日(台湾)

 

11月10日(日)

09:30~12:19  恋する輪廻~オーム・シャンティ・オーム(インド)

12:50~14:30  かぞくのくに(日本)

15:00~16:58  モンゴル野球青春記 バクシャー(日本・モンゴル)

17:30~20:20  きっと、うまくいく(インド)

 

作品解説

 

恋する輪廻~オーム・シャンティ・オーム

英題:OM SHANTI OM  製作年:2007年  製作国:インド  上映時間: 2時間49分(カラー/シネマスコープ)

監督: ファラー・カーン  出演:シャー・ルク・カーン ディーピカー・パードゥコーン 他

©Eros International Ltd

チェック

ボリウッドと称されるほどの映画大国インドで、2007年の興行収入トップの座を手にした豪華絢爛な娯楽作です。華やかな映画界を舞台に繰り広げられる生まれ変わりの神秘と復讐劇をきらびやかな歌とダンスで映し出します。キング・オブ・ボリウッドことシャー・ルク・カーンが主演を務め、ヒロインを美ぼうの新人ディーピカー・パードゥコーンが熱演。ロマンスにサスペンスにアクションありのお楽しみてんこ盛りの内容に圧倒されます。

ストーリー

1970年代、脇役俳優のオームは人気女優シャンティに恋をします。ところがシャンティは売れっ子プロデューサーのムケーシュと密かに結婚・妊娠していたのです。しかし、ムケーシュは、妻の妊娠を疎ましく思い、ある晩、撮影中にシャンティを罠にかけて、殺害してしまいます。シャンティを助けようと駆け付けたオームも、映画スターのカプール夫妻の車にはねられてしまい、搬送先の病院で息を引き取ります。オームの死亡と同じ時、同じ病院でカプール夫人は男児を出産。その男の子はオームと名付けられて育ち、30年後、スター俳優として活躍します……。

オフィシャルWEBサイトhttp://www.uplink.co.jp/oso/

 

きっと、うまくいく

英題:3 IDIOTS  製作年:2009年  製作国:インド  上映時間: 2時間50分(カラー/シネマスコープ)

監督・脚本: ラジクマール・ヒラニ  出演:アーミル・カーン   カリーナー・カプール   マドハヴァン   他

©Vinod Chopra Films Pvt Ltd 2009. All rights reserved

チェック

インドで興行収入歴代ナンバーワンを記録する大ヒットとなったコメディドラマです。インドのエリート大学で友人たちと青春を謳歌していた主人公が突然姿を消した謎と理由を、10年という年月を交錯させながら解き明かしていくストーリーで真の友情や幸せな生き方や競争社会への風刺を描きます。主演は、ボリウッド映画の大スターであるアーミル・カーン。『ラ・ワン』のカリーナー・カプールがヒロインを務めます。抱腹絶倒のユーモアとストレートな感動を味わうことができます。

ストーリー

超難関の名門工科大ICEに入学したファランとラージューは、そこで超天才の自由人ランチョーと出会います。彼らは、一緒にバカ騒ぎを繰り返しては鬼学長の怒りを買い、いつしか“3バカ”として札付きの問題学生となっていきます。そんな中、ランチョーは鬼学長の娘ピアと恋に落ちてしまいます。時は流れ、3人が卒業してから10年後。ファランとラージューは、行方知れずのランチョーの消息を知っているというかつての同級生と再会する。3人はランチョーを探す旅に出るのですが…。

オフィシャルWEBサイトhttp://bollywood-4.com/index.html

 

拝啓、愛しています

英題:LATE BLOSSOM  製作年:2011年  製作国:韓国  上映時間: 1時間58分(カラー/デジタル/ドルビーSR)

監督: チュ・チャンミン(『王になった男』)  出演:イ・スンジェ ユン・ソジョン キム・スミ 他

©Next Entertainment World All rights reserved

チェック

『王になった男』のチュ・チャンミンが監督。舞台化もされて大ヒットした韓国のベストセラーコミックを原作に、男女4人の夫婦愛や友情を描いた感動作です。ソウルの住宅地を舞台に、人生の黄昏時を迎えながらも、懸命に生きようとする4人の男女の悪戦苦闘の日々。掛け替えのない相手を思い合う主人公たちの姿勢に心打たれます。ベテラン俳優イ・スンジェやユン・ソジョンらが共演。

ストーリー

ぶっきらぼうで口の悪い孤独な老人マンソクは、生活の足しにするため毎朝バイクで牛乳配達をする日々を送っています。ある朝、重いリヤカーを引く女性 イップンが急な下り坂で転ぶところに出くわします。以来、彼女のことが気になり、坂の上で待つようになります。一方、イップンにいつも優しく接している駐車場の管理人グンボンは、認知症の妻の介護に追われる毎日を送っています。ある日、町を徘徊していたグンボンの妻を偶然助けたマンソクは、グンボンと一緒になって妻の捜索を手伝っていたイップンとこの時始めて言葉を交わします。やがてグンボンと友情を育み、イップンに対してもほのかな恋心が芽生えていくマンソクでしたが…。

オフィシャルWEBサイトhttp://www.alcine-terran.com/haikei/

 

 

父の初七日

原題:父後七日  製作年:2012年  製作国:台湾上映  時間: 1時32分(カラー/ビスタプサイズ/35ミリ)

監督・原作・脚本: ワン・ユーリン/監督・製作: エッセイ・リウ  出演:ワン・リーウェン ウー・ポンフォン タイ・バオ 他

©2010 Magnifique Creative Media Production Ltd. Co. ALL rights reserved

チェック

台湾の田舎町を舞台に、父親の葬儀をめぐって繰り広げられるさまざまな出来事をユーモアたっぷりに描写したヒューマンドラマです。本作が映画初出演のワン・リーウェンが都会で働く娘を好演。彼女の父親を『幻遊伝』などのベテラン、タイ・バオが演じています。にぎやかな台湾式葬儀のあり方や、万国共通の別れをテーマにした物語に引き込まれる作品で、台湾のアカデミー賞にあたる金馬賞で7部門にノミネートされるなど、高い評価を受けた作品です。

ストーリー

台北で仕事をしているアメイは、ある日突然父の訃報を聞き、台湾中部・彰化県にある実家に帰省することに。道士でもある叔父が中心となり、伝統的な道教式葬儀が営まれることが決定。占いで7日後になった野辺送りの日まで、彼女は兄と共に父をおくる数々の儀式をこなしていきます。大げさな泣き女の登場など、アメイにとってはどこか奇妙で滑稽に思える数々の古いしきたりにそった葬式に大騒ぎで悲しむ間もない。そんな時、ふとしたことから父との思い出がよみがえるアメイでしたが……。

オフィシャルWEBサイトhttp://www.shonanoka.com/

 

モンゴル野球青春記~バクシャー~

製作年:2013年  製作国:日本(舞台:モンゴル)  上映時間: 1時間58分(カラー/ビスタサイズ)

監督: 武正晴  出演:石田卓也 ジャルガルサイハン ウルジフ ムンフチメグ ジャミアン・バトバヤル 他

©2013 モンゴル野球青春記

チェック

日本とモンゴルの国交40周年を記念して製作。90年代にモンゴルへの野球支援を行った実績を持つ徳島県阿南市の全面協力の下、世界中を旅していたバックパッカーの青年が、野球がほとんど普及していないモンゴルで子どもたちに野球を教え続け、文化の違いなどさまざまな困難に遭遇する中で成長していく4年間を描きます。『リアル鬼ごっこ』シリーズの石田卓也が主演を務め、現地の野球チーム監督役を『チンギス・ハーン』出演のモンゴルの俳優ベヘーオチル・ジャルガルサイハンが演じます。

ストーリー

元高校球児で無職の淳は、ひょんなことから社会主義崩壊後のモンゴルに野球を教えに行くことになりました。もう一度野球ができることに喜んだ淳でしたが、モンゴルではマイナースポーツの野球をやっている人はほとんどおらず、さまざまな困難に直面します。月日は流れアジアAAA野球選手権大会。モンゴル野球チームは松坂大輔率いる日本チームと対戦することになりますが……。

オフィシャルWEBサイトhttp://mongolyakyu.com/

 

 

旅立ちの島唄~十五の春~

製作年:2012年  製作国:日本  上映時間: 1時間54分(カラー/シネマスコープ)

監督・脚本: 吉田康弘  主題歌:BEGIN「春にゴンドラ」  出演:三吉彩花 大竹しのぶ 小林薫 他

©2012「旅立ちの島唄~十五の春~」製作委員会

チェック

『グッモーエビアン!』でみずみずしい演技を見せた三吉彩花が、等身大の15歳のヒロインとして初主演を果たした感動作です。沖縄本島からおよそ360キロ離れた絶海の孤島南大東島を舞台に、少女の成長や家族の絆を島唄のメロディーに乗せてストーリーが展開します。無口だが優しい父親を小林薫、強さともろさを秘めた母親を大竹しのぶらベテラン勢が熱演。初挑戦ながらも三線と島唄を見事にものにした三吉の体当たりの演技や、心に迫る家族の物語に感極まります。アルカスSASEBOで2度のコンサートをおこなった“BEGIN”が、主題歌「春にゴンドラ」を歌っています。

ストーリー

14歳の優奈(三吉彩花)は、島内に高校がない南大東島で父親(小林薫)と2人で暮らしています。子どもたちは進学のため15歳で島を出るため、彼女の母親(大竹しのぶ)も姉(早織)の進学と共に那覇についていったきり戻って来ません。優奈は少女民謡グループ・ボロジノ娘のリーダーを任されたものの、進路のことで思い悩んでいました。

オフィシャルWEBサイトhttp://www.bitters.co.jp/shimauta/

 

 

かぞくのくに

製作年:2012年  製作国:日本  上映時間: 1時間40分(カラー/16:9/HD)

監督・脚本: ヤン・ヨンヒ  イメージソング:アン・サリー with Saigenji「白いブランコ」  出演:安藤サクラ 井浦新 ヤン・イクチュン 他

©2011 Star Sands, Inc.

チェック

「ディア・ピョンヤン」「愛しきソナ」の2本のドキュメンタリーで自らの家族を見つめてきた在日コリアン2世のヤン・ヨンヒ監督が、今度は初のフィクションとして撮り上げた感動の家族ドラマです。北朝鮮に住む兄が病の治療のために25年ぶりに帰国し、思想や価値観の違いに戸惑い、理不尽な政治情勢に振り回され傷つきながらも家族とともにたくましく生きていく姿が描かれ、擦れ違いながらも愛情にあふれる家族の絆が胸を打ちます。安藤サクラ、井浦新(ARATA)、『息もできない』のヤン・イクチュン、京野ことみなど実力ある俳優が顔をそろえ、第86回キネマ旬報ベスト・テン第1位を受賞しました。

ストーリー

日本で自由に生きてきたリエと、帰国事業で北朝鮮へ帰った兄ソンホ。離れて暮らして25年が経ち、ソンホが病気の治療のために日本に帰国することになりました。期間はわずか3か月。家族や仲間はソンホとの再会を喜ぶ一方、担当医には3か月では治療は責任が持てないと告げられます。滞在延長を申請しようとした矢先、本国から「明日帰国するよう」と命令が下り……。

オフィシャルWEBサイトhttp://kazokunokuni.com/