ミュージカル いのちてんでんこ

2020年8 月9日(日)

開場 13:30開演 14:00
会 場
大ホール

料 金
全席指定
一般3,000円/学生(小~大学生)1,000円

チケット
発売中

ミュージカル いのちてんでんこ

被災地から未来へ、いのちの伝言。

津波が奪い去った町 傷だらけの大地で 人はなにかを見つけた―
音楽、ダンス、パフォーマンス!
圧巻のパフォーミングアーツでお届けする、喪失と再生の新しい神話。
ふたたび、人は祭りで繋がった!

 

初演から8年。岩手県・未國の音楽と舞踊が幻想を織りなし、風化されない真実がここに。

市役所に入庁したばかりの若者がいた。
『あの日』、町の光景に若者は絶句する。
避難所の世話係となった若者は、避難者と生活するが、非力さに苦悩する。
だが若者は気づく。目の前にある、人々の愛おしいつながり。
蝋燭の灯りのなか、老人は子ども達に語る。土地に息づいた文化、芸能を。
やがて避難所に仮設風呂ができ、若者は毎日黙々と薪を割り続けた。
おにぎりを頬張ると、若者の頬に涙がつたい、すべてに感謝の念がわいた。
若者は驚く。『あの日』を経験する前からあったはずの空、憎いはずの海が放つ美しさに。
極限状態のなか、若者のいのちは輝き、やがて被災地を照らしていく。

 

出演:石山優太/大石丈太郎/片山千穂/小山柚香/合田賢二/長谷部萌絵/大部仁(尺八)/
長谷川暢(ダンス・和太鼓)/酒井直之(ダンス・和太鼓)/上杉美穂(和太鼓)/湯浅文音(唄)/上原なな江(Perc)/大迫杏子(Pf)

作・演出/前川十之朗
構成/田中圭介
振付/小山柚香・乾直樹・緒方祐香・前田新奈
音楽監督/斎藤有太
舞台監督/菅原玄哉
照明/青木美由紀
音響/清水等
映像/中島賢二
頭製作/人形劇団ひとみ座
制作/前川一枝