小椋佳 「歌談の会」

8 月9日(金)

開場 18:30開演 19:00
会 場
大ホール

料 金
【全席指定】6,000円

チケット
発売中

小椋佳 「歌談の会」

心に浮かぶ話を普段着の姿でゆったりと語り、

気の向いた曲を歌い綴るソング&トークショー。

〈予定曲目〉少しは私に愛を下さい、さらば青春、シクラメンのかほり 他

 

小椋 佳(おぐら けい)プロフィール
作詩・作曲家
ローマ字表記 : KEI.OGLA

1944 年東京上野生まれ。1967 年東京大学卒業後、日本勧業銀行(現みずほ銀行)入行。同行に約四半世紀勤務、浜松支店長・本店財務サービス部長等を経て 1993 年退職。1994 年東京大学法学部に再入学。この間、1971 年初 LP アルバム「青春・砂漠の少年」発表。3 作目のアルバム「彷徨」は 100 万枚のセールスを突破。以来、ソングライターとして「シクラメンのかほり」「俺たちの旅」「夢芝居」「愛しき日々」「愛燦燦」等、多数のアーティストへ作品を提供。日本レコード大賞を始め数々の賞を受賞。作詩作曲・歌手活動の他、執筆活動や舞台創造も重ねる。
2013 年遺言エッセイ「生前葬コンサート」出版、最後のオリジナルアルバム『闌(Takenawa)』リリース。
2014 年 NHK ホールにて 4 日間(25 曲/1 日・計 100 曲)に渡り『生前葬コンサート』を開催。
1998 年以降、歌と語らいで綴る公演「歌談の会」、「歌紡ぎの会」を全国各地にて公演開催中。