観る

主催・共催事業

今月の催し 翌月 3ヶ月後 4ヶ月後 5ヶ月後 6ヶ月後 7ヶ月後 8ヶ月後 9ヶ月後 10ヶ月後 11ヶ月後 12ヶ月後

詳細情報

アルカスSASEBO文化茶話 没後100年 ドビュッシーの想像の旅~「前奏曲集第1巻」をめぐって~

販売状況
 好評発売中

チラシ
公演日2018年4月21日(土)
公演時間開場 13:30
開演 14:00
(終演予定15:30)
会 場イベントホール
料 金【全席自由】
一般/1,200円 学生/500円
ゴールド・オレンジ会員/無料
ホワイト・法人会員/500円
発売日前売券好評発売中

公演のチケットを以下のプレイガイドで
お求めいただけます。

ロゴマークをクリックして購入画面にお進みください

イープラス

ファミリーマートで
チケットをお受け取りいただけます。

イープラスは大ホール公演の座席をお選びいただけます。

チケットぴあ

セブン- イレブンで
チケットをお受け取りいただけます。

ローソンチケット

ローソンチケット

ローソンでチケットをお受け取りいただけます。

各界の知の達人を招いて講演いただくアルカスSASEBO文化茶話。

2018年度の第1回目は、ピアニストであり文筆家である青柳いづみこさんをお迎えし、今年のMプロジェクトのテーマである「ドビュッシー」について、演奏を交えながらその魅力をあますことなく紹介します。

 

<予定曲目>ドビュッシー

・2つのアラベスク

・前奏曲集第1巻より

 デルフの舞姫たち、亜麻色の髪の乙女、とだえたセレナード、沈める寺、ミンストレル ほか

 

<講師プロフィール>

青柳いづみこ (ピアニスト・文筆家)

安川加壽子、ピエール・バルビゼの各氏に師事。マルセイユ音楽院首席卒業。東京藝術大学大学院博士課程修了。学術博士。平成2年度文化庁芸術祭賞受賞。1989年より、ドビュッシーとその時代をテーマに一連の”ドビュッシー・シリーズ”を開催。演奏と文筆の双方で高い評価を受け、これまでに25冊の著書、14枚のCDをリリースしている。

安川加壽子の評伝で吉田秀和賞、祖父青柳瑞穂の評伝で日本エッセイストクラブ賞、「6本指のゴルトベルク」で講談社エッセイ賞、CD「ロマンティック・ドビュッシー」でミュージックペンクラブ音楽賞受賞。近著は「ショパン・コンクール」、「ピアニストたちの祝祭」、CDに「春の祭典とペトルーシュカ」。

日本ショパン協会理事、大阪音楽大学院教授、神戸女学院大学院講師。


アルカスSASEBO営業時間 午前10時〜午後6時30分(施設利用申し込み、チケット販売・予約、アルカスクラブ入会手続き)
※第2・第4水曜日、年末年始は休館となります(ただし、第2・第4水曜日が祝祭日の場合は翌木曜日となります)


私達は、アルカスSASEBOの文化事業への協賛を通じて地域文化の振興を支援するオフィシャルパートナーです。