観る

主催・共催事業

今月の催し 翌月 3ヶ月後 4ヶ月後 5ヶ月後 6ヶ月後 7ヶ月後 8ヶ月後 9ヶ月後 10ヶ月後 11ヶ月後 12ヶ月後

詳細情報

アルカスSASEBO提携演劇公演
ゼロソー「父と暮せば」

販売状況
 公演終了

チラシ
公演日12月18日(日)
公演時間11:00/15:00開演
会 場大ホール特設劇場
料 金時間指定 自由席
一般2,000円(当日2,500円)
小~高校生500円

アルカスSASEBOのみ取扱
発売日9月25日(日)

アルカスSASEBO提携演劇公演
ゼロソー「父と暮せば」

作:井上ひさし 演出:河野ミチユキ
出演:青谷一郎(劇団「市民舞台」) 松岡優子(ゼロソー)

 

“むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、
おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、ゆかいなことはあくまでゆかいに”(井上ひさし)

「父と暮せば」は、戦争、原爆という重いテーマを文豪 井上ひさしがコミカルに描いた傑作です。
目の前で死にゆく父を助けられなかった娘。そんな娘を思い幽霊となって現れた父。
戦争、原爆の恐ろしさを描きながら、父を助けられなかったことを深く悔い前に進むことができない娘の背を優しく押す、父と娘の深い愛情を感じられる作品です。
戦後70 年を超え当時のことを語る人たちが減っていく現代で、ぜひ観てほしい作品です。

熊本を代表する劇団ゼロソーが、佐世保初登場。
井上ひさしの傑作二人芝居「父と暮せば」を引っ提げての登場です。
熊本から発信される、理不尽な出来事からの再生の物語を、ぜひ、ご覧ください!


12月12日、会場の下見を兼ねて、取材の対応で、ゼロソー河野ミチユキさん、松岡優子さんが来館されました。作品にかける思いや、この春の震災を受けて「演劇にできること」をやってきた事などたくさんのお話をしていただきました。新聞やケーブルテレビなどで取り上げられますので、そちらもご覧の上、ご来場ください。間もなく公演です。一般の当日券は500円増しになりますので、お早めにお電話(0956-42-1111 営業10時~18時半)でご予約ください。土曜日までは当日支払での前売価格でのご予約もお受けしています。14日(水)は休館日ですのでご注意ください。


zeroso


アルカスSASEBO営業時間 午前10時〜午後6時30分(施設利用申し込み、チケット販売・予約、アルカスクラブ入会手続き)
※第2・第4水曜日、年末年始は休館となります(ただし、第2・第4水曜日が祝祭日の場合は翌木曜日となります)


私達は、アルカスSASEBOの文化事業への協賛を通じて地域文化の振興を支援するオフィシャルパートナーです。