観る

主催・共催事業

今月の催し 翌月 3ヶ月後 4ヶ月後 5ヶ月後 6ヶ月後 7ヶ月後 8ヶ月後 9ヶ月後 10ヶ月後 11ヶ月後 12ヶ月後

詳細情報

アルカスSASEBO文化茶話
「人形浄瑠璃文楽」プレイベント
人形浄瑠璃の見方・愉しみ方

販売状況
 公演終了

公演日11月25日(金)
公演時間開場18:30
開演19:00
会 場イベントホール
料 金アルカスクラブ会員 無料 (要入場整理券)
一般 500 円 (消費税込)
※アルカス SASEBO のみでの取り扱い
発売日公演終了

来年 2 月 25 日(土)に開催する「人形浄瑠璃 文楽」のプレイベント。
人形浄瑠璃の見方・愉しみ方を、長崎県指定無形民俗文化財である波佐見町の伝統芸能『皿山人形浄瑠璃』保存会 “美玉座” の皆さんによる実演(生写 朝顔話(しょううつしあさがおばなし) -宿屋の段-)と解説、人形操作体験で紹介します。「大夫」、「三味線」、「人形」の『三業』による、日本が世界に誇る伝統芸能の世界を間近でお楽しみいただきます。2 月の「文楽」公演が 10 倍楽しめることうけあいです。

 

長崎県・波佐見町「皿山の人形浄瑠璃」
「皿山の人形浄瑠璃」の歴史は、享保 18年(1733 年)に始まるといわれています。
阿波(徳島)人形浄瑠璃の流れを汲む朝日林五郎が波佐見町・稗木場に来て村の青年を指導し、さらに十数年後、大分県中津から吉田柳平師が来て阿波流三人遣いの技術を伝え、演技は洗練され精緻なものとなっていきます。
享保の大飢饉で郷民が飢えに苦しんだ折、西彼杵半島や五島・平戸へ興行して食料を得て飢えを救ったのが広く知られる起源とされており、以降、皿人形浄瑠璃の評価は益々高まったとされます。現在、皿山には 50 体以上の人形があり、衣裳も立派なものが残っており、特に時代物は高い評価を得ています。
毎年 8 月 21 日には、皿山大神宮において奉納公演が行われています。

(長崎県指定無形民俗文化財 指定第 1 号 1954 年)

 

後援:長崎県 長崎県教育委員会 佐世保市 佐世保市教育委員会 波佐見町教育委員会 東彼杵町教育委員会


アルカスSASEBO営業時間 午前10時〜午後6時30分(施設利用申し込み、チケット販売・予約、アルカスクラブ入会手続き)
※第2・第4水曜日、年末年始は休館となります(ただし、第2・第4水曜日が祝祭日の場合は翌木曜日となります)


私達は、アルカスSASEBOの文化事業への協賛を通じて地域文化の振興を支援するオフィシャルパートナーです。