News&Topics 新着情報

一覧表示へ

無窮洞と佐世保大空襲を知って観劇しようバスツアーを開催しました!

アルカスSASEBOでは6/24~26に、アルカス演劇さーくる×劇団楽園天国「カンカン山んにき」という演劇公演を行います。この作品は、佐世保大空襲と宮地区に現存する防空壕「無窮洞」をテーマに、地元の劇団楽園天国が作り上げたお芝居で、昨年に引き続き、今年も佐世保の演劇人やお芝居に興味のある小・中・高校生や市民が参加をして、稽古に励んでいます。

 

そんな「カンカン山んにき」をより深く味わってもらおうと企画したのが「無窮洞と佐世保大空襲を知って観劇しようバスツアー」。親子で、佐世保の戦争の記憶を学ぶ、という今回のバスツアー。当日の5/15(日)は、雨の予報でしたが、バスが出発する頃には雲の隙間から日差しが差し込んでいました。

 

DSC_0156

バスガイドは紙芝居の「マキばあちゃん」。楽しいおしゃべりで、バスの中を盛り上げます。

DSC_0173 DSC_0200 DSC_0208 DSC_0219 DSC_0240

宮地区の無窮洞。実際に中を歩きながら、無窮洞顕彰保存会の方が説明をしてくださいました。こんな大きなトンネルを小学生が手作業で掘っていたということに、参加者は驚いていました。

DSC_0293 DSC_0309 DSC_0323

無窮洞を後にした一行は、武道館の隣、中央公園にある平和祈願の塔へ。こちらでは、佐世保空襲を語り継ぐ会のかたが、実際に体験した佐世保空襲の様子をお話くださいました。やはり、当時のことを思い出すのはお辛いようで、言葉につまりながらも、丁寧に伝えてくださるお話に、皆さん、真剣に聞き入っていました。

DSC_0349DSC_0359

DSC_0397

続いては、戸尾商店街。ご存知の方も多いと思いますが、戸尾商店街は防空壕の後を利用しています。残念ながら中に入ることはできませんでしたが、実はこの店とこの店がつながっている、といった裏話をマキばあちゃんが紹介してくれました。

 

DSC_0419 DSC_0434 DSC_0450 DSC_0458 DSC_0473 DSC_0470

最後は、旧戸尾小学校にある、佐世保空襲資料室。こちらでも語り継ぐ会の方のお話を聞いたり、展示してあるものをみたりさわったりして、実際に佐世保であった戦争を肌で感じているようでした。

 

バスツアーにご参加いただいた皆さん、そして、ご協力いただいたマキばあちゃん、無窮洞顕彰保存会の皆さん、佐世保空襲を語り継ぐ会の皆さん、本当にありがとうございました!

 

そして、この記事をお読みになっているアナタ!ぜひ、お芝居「カンカン山んにき」で、悲惨な戦時中にも関わらず、懸命に生きた人々にふれてみませんか?お待ちしています!

 

●アルカス演劇さーくる×劇団楽園天国「カンカン山んにき」の詳細はこちら

 

アルカスSASEBO営業時間 午前10時〜午後6時30分(施設利用申し込み、チケット販売・予約、アルカスクラブ入会手続き)
※第2・第4水曜日、年末年始は休館となります(ただし、第2・第4水曜日が祝祭日の場合は翌木曜日となります)


私達は、アルカスSASEBOの文化事業への協賛を通じて地域文化の振興を支援するオフィシャルパートナーです。