観る

主催・共催事業

今月の催し 翌月 3ヶ月後 4ヶ月後 5ヶ月後 6ヶ月後 7ヶ月後 8ヶ月後 9ヶ月後 10ヶ月後 11ヶ月後 12ヶ月後

詳細情報

おいしいおかしいおしばい
「わかったさんのクッキー」

販売状況
 好評発売中

チラシ チラシ
公演日8月6日(土)
8月7日(日)
公演時間6日(土)開場18:30 開演19:00
7日(日)開場13:30 開演14:00 
会 場大ホール特設劇場
料 金【全席自由】大人3,000円
子ども1,000円(4才~高校生)
発売日前売券好評発売中

公演のチケットを以下のプレイガイドで
お求めいただけます。

ロゴマークをクリックして購入画面にお進みください

イープラス

ファミリーマートで
チケットをお受け取りいただけます。

イープラスは大ホール公演の座席をお選びいただけます。

チケットぴあ

セブン- イレブンで
チケットをお受け取りいただけます。

ローソンチケット

ローソンチケット

ローソンでチケットをお受け取りいただけます。

原作:寺村輝夫(『わかったさんのクッキー』/あかね書房刊)
台本・演出:岡田利規(演劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰)
美術:金氏徹平 (現代美術家)
劇中歌作曲:前野健太 (シンガーソングライター)
出演:椎橋綾那、古屋隆太、山崎ルキノ、笠木泉、佐々木幸子
企画製作:KAAT神奈川芸術劇場

 

 

 

おしばいは まほうのちから。

まほうをつかって ふしぎなたのしいおはなし

「わかったさんのクッキー」が 

おいしいおかしいおしばいになります。

 

ゼロ年代の現代演劇の旗手、チェルフィッチュ主宰・岡田利規が初めて挑む こどものためのお芝居 『わかったさんの クッキー  』

現代日本の若者を先鋭的に表現し、ゼロ年代の代表として海外でも高く評価される演劇カンパニー 『チェルフィッチュ』主宰の岡田利規氏。ユニークな身体表現とテキストで人気を集め、チェルフィッチュ以前・以後と いう文脈で語られるほど 、新たな舞台芸術の旗手として注目を浴びる存在 です。デビュー小説集で大江健三郎賞を受賞するなど、小説家としても注目 を集めています。その岡田利規氏が、こどものためのお芝居 という新境地に挑む、注目の一作です。

 

不思議な魅力にあふれた児童書『わかったさん』シリーズ、初の舞台化
誰もが一度は手にしたことのある児童書『わかったさん』シリーズの初舞台化 となる本作。こどものための舞台の題材として、岡田氏自らが児童書『わかったさんのクッキー』(寺村輝夫著)に注目しました。自由な発想と個性的なキャラクターにあふれた『わかったさん』は、こどもも大人も魅了するユニークな世界観 であふれています。

書籍表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気鋭の アーティストが集結
自由な感性にあふれた不思議な世界を、岡田利規と共に気鋭のアーティストが創りあげます。 国内のみならず、海外でも数多く展覧会を催し 、人気若手現代美術家の金氏徹平 が舞台美術を、新進気鋭のシンガーソングライター前野健太 が劇中歌を手がけ、今までの児童劇とは異なるアプローチで作品を創りあげます。本作は 新たな視点でこどもの感性を刺激し、育む 舞台となるこでしょう。 ぜひご期待ください。

 

<プロフィール>

台本・演出 : 岡田利規  (おかだとしき / 演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰 )

1973 年 横浜生まれ、熊本在住。演劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰。活動は従来の演劇の概念を覆すとみなされ国内外で注目される。05 年『三月の 5 日間』で第 49 回岸田國士戯曲賞を受賞。同年 7月『クーラー』で「 TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005ー次代を担う振付家の発掘ー」最終選考会に出場。07 年デビュー小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を新潮社より発表し、翌年第二回大江健三郎賞受賞 。12 年より、岸田國士戯曲賞の審査員を務める。13 年には初の演劇論集『遡行 変形していくための演劇論』、14年には戯曲集『現在地』を河出書房新社より刊行。16年よりドイツ有数の公立劇場ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品の演出を3シーズンにわたって務めることが決定している。

KAAT神奈川芸術劇場とは11年より4作品『ゾウガメのソニックライフ』『現在地』『地面と床』『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』をチェルフィッチュとして発表。15年『わかったさんのクッキー』を岡田利規作品として初演。

 

チェルフィッチュ

 岡田利規が全作品の脚本と演出を務める演劇カンパニーとして1997年に設立。

独特な言葉と身体の関係性を用いた手法が評価され、現代を代表する演劇カンパニーとして国内外で高い注目を集める。その日常的所作を誇張しているような/していないようなだらだらとしてノイジーな身体性は時にダンス的とも評価される。07年ヨーロッパ・パフォーミングアーツ界の最重要フェスティバルと称されるクンステン・フェスティバル・デザール2007(ブリュッセル/ベルギー)にて『三月の5日間』が初めての国外進出を果たして以降、アジア、欧州、北米にわたる計70都市で上演。11年には『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』が、モントリオール(カナダ)の演劇批評家協会の批評家賞を受賞。つねに言葉と身体の関係性を軸に方法論を更新し続け、12年『現在地』以降はフィクションへの探求のもと創作に取り組んでいる。13年5月クンステン・フェスティバル・デザールの委嘱作品として『地面と床』、14年5月Theater der Welt 2014(マンハイム)の委嘱作品として『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』を発表。

 

<岡田利規氏より、本作品に寄せてのメッセージ>

「わかったさんのクッキー」を舞台化したいというのは、僕の提案です。奔放な想像力で自由自在に展開するこの不思議なお話をぜひとも「おいしいおかしいおしばい」にしてみたい、というのは、この原作にふとしたはずみではじめてふれたときにすでに浮かんだアイデアです。魔法を使うにはうってつけの、楽しいお話だとおもったからです。

unnamed-1©Hideto  Maezawa

関連企画のご紹介! 参加すると「わかったさんのクッキー」がもっともっと楽しめます!


 ★「わかったさんのクッキーを作ろう!親子体験ワークショップ」参加者募集!
開催日時:7月23日(土)13:00~16:00
会場:スピカ調理室(アルカスSASEBO 2階)
講師:峯 順子((有)草加家 工場長)
参加対象:「わかったさんのクッキー」のチケットを購入している小学生と保護者の親子ペア。
参加費:ペア1組につき材料費500円
申込方法:代表者お名前、ご住所、電話番号をメールにて送信ください。info@arkas.or.jp
     件名>クッキーを作ろう係 宛
締切日:7月15日(金)※先着順で定員(8組)になり次第締切。


★佐世保市立図書館にて、児童書「わかったさん」シリーズコーナーを展開しています。
6月18日(土)~8月7日(日)まで、児童室の入口正面にて。
「わかったさんのクッキー」をはじめ、わかったさんシリーズの数々をぜひご覧ください!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 


■終了しました>岡田利規さんが佐世保にやって来ます!
【講演会】アルカスSASEBO文化茶話「わたしが作る演劇はヘンな演劇です。なぜそんな演劇をつくるのか。そして表現とは何か」4月15日(金)18:30開演 イベントホール 
詳しくはこちらをご覧ください → http://www.arkas.or.jp/?p=25071&cat26_04


■終了しました>佐世保市立図書館にて、岡田利規さんの書籍を集めた特設コーナーを展開しています。
3月19日(土)~4月14日(木)まで、一般室の雑誌コーナー近くです。岡田さんの戯曲、小説、演劇論集など、ぜひご覧ください!


 


 


アルカスSASEBO営業時間 午前10時〜午後6時30分(施設利用申し込み、チケット販売・予約、アルカスクラブ入会手続き)
※第2・第4水曜日、年末年始は休館となります(ただし、第2・第4水曜日が祝祭日の場合は翌木曜日となります)


私達は、アルカスSASEBOの文化事業への協賛を通じて地域文化の振興を支援するオフィシャルパートナーです。