観る

主催・共催事業

今月の催し 翌月 3ヶ月後 4ヶ月後 5ヶ月後 6ヶ月後 7ヶ月後 8ヶ月後 9ヶ月後 10ヶ月後 11ヶ月後 12ヶ月後

詳細情報

ランチタイムコンサートⅨ 出演者プロフィール

販売状況
 

【トロンボーン・カルテット・ティンツ】

2004年、武蔵野音楽大学出身の中村友子と中村弥生、洗足学園音楽大学出身の小宮山碧と小和田有希によってメンバー全員が女性のカルテットとして結成。結成当初からパーティでの演奏や慰問演奏など各地で精力的に活動を重ね、 2007年、第2回トロンボーン・クァルテット・コンクールインジパング優勝。同年12月には、トロンボーン・クァルテット・ジパング第9回演奏会にゲストとして出演。 その後2009年に開催されたトロンボーンクァルテットの祭典『百花繚乱』に出演し、日本でも有数の東京メトロポリタントロンボーンクァルテットや、ハイブリッド・トロンボーン四重奏団と共演。同時に、管楽器専門誌パイパーズに”TINTS”の特集記事が掲載された。

2010年2月には、パリ・トロンボーン四重奏団のメンバーとして世界的に有名なトロンボーン奏者ミシェル・ベッケ氏のソロリサイタル東京公演にて共演を果たす。さらに同年9月には、トロンボーンクァルテットの響演~トロンボーンクァルテットコンクールin ジパング覇者達による夢の一夜~に出演し好評を得る。

2011年2月11日、満を持してのファーストアルバム『スクエアダンス』を発表。このCDはレコード芸術誌(2011年5月号)において《準特選》に選ばれる。同時に「CD発売記念コンサートツアー」として、2011年3月より6月にかけて浜松、大阪、三重、和歌山、東京の各地でコンサートツアーを開催し各方面より大きな支持を得る。

 2013年11月には東京・三鷹市芸術文化センター「風のホール」に於いて10周年記念コンサート『竹取物語』を開催した。また、韓国でソウルアートセンターに於いてVirtuoso Trombone Quartetとの共演や、アクロス福岡主催によるアクロス・ランチタイムコンサート、明治学院大学150周年記念でのチャリティコンサート、横浜みなとみらいホール主催のみなとみらいクラシック・クルーズ、ラ・フォル・ジュルネ オ・ジャポン2013、2014エリアコンサートへの出演等、幅広いコンサート活動の他、新潟県、富山県、静岡県、千葉県の小・中学校での音楽鑑賞教室も行っている。

 『TINT』とは『色彩』という意味をもっており、4人それぞれが色となって生み出される女性らしい柔らかいハーモニーで、多くのファンを魅了している。

 

 

中村  友子 Yuko Nakamura

千葉県出身。武蔵野音楽大学卒業。武蔵野音楽大学卒業演奏会、同大学新人演奏会、第75回読売新人演奏会に出演。第20回練馬文化センター新人演奏会オーディション金管部門最優秀賞受賞。アートミュージックより発売のCD「7人のトロンボーン奏者によるソロ曲集Vol.3」に参加。トロンボーンを関根五郎、牧野守英、荻野昇、神谷敏、井上順平の各氏に、室内楽を久保義一氏に師事。アンサンブルターブメンバー。

 

小宮山  碧 Midori Komiyama

東京都出身。洗足学園音楽大学卒業。在学中、学内室内楽オーディションに合格。

現在、埼玉県立松伏高等学校音楽科非常勤講師。トロンボーンを吉川武典、秋山鴻市の両氏に、室内楽を松崎裕、小田桐寛之、佛坂咲千生の各氏に師事。

 

小和田  有希 Yuki Owada

静岡県出身。洗足学園音楽大学卒業。桐朋学園大学音楽学部研究科修了。

大学在学中、学内室内楽オーディションに合格。トロンボーンを塚本修也、小田桐寛之、神谷敏の各氏に、室内楽を松崎裕、佛坂咲千生、桒田晃の各氏に師事。

 

中村  弥生 Yayoi Nakamura

千葉県出身。武蔵野音楽大学卒業。第7回日本トロンボーンコンペティション独奏部門優勝。第14回千葉県吹奏楽個人コンクール高等学校の部トロンボーン部門第1位及び金管楽器グランプリ。第15回日本クラシック音楽コンクール全国大会金管楽器部門大学の部第4位。バストロンボーンを井上順平氏に師事。

 

髙嶋 圭子 Keiko Takashima

   1962年香川県高松市生まれ。広島市出身。4歳からピアノを始め、高校二年生で作曲の指導者と出会い、和声学・作曲理論を学び始める。1982年東京藝術大学音楽学部作曲科に入学。卒業後の1987年、世界的にも有名なパリ・トロンボーン四重奏団初来日の際に「夕やけこやけ」「わらべうた」を提供して以来、トロンボーンに関わる作品が多い。トロンボーン四重奏のための作品として「4本のトロンボーンのための“パスピエ”」「メモリーズ」「スクエアダンス」「古都三景」「出逢いは、はじまり」「ふるさとのうた」「砂の丘を越えて」「四季の詩」「ハナミズキの祈り」、トロンボーンとピアノのための作品として、ミシェル・ベッケ氏のソロアルバムにも収録されている「幻想 五木の子守唄」をはじめ、ソナタ「風花賛礼」「夜の静寂に」「春の呼ぶ声を聞く」などがある。他に合唱曲として、落語を主題にした「時そば」(混声合唱)、合唱組曲「京都の恋(詩:黛まどか)」「花だより(詩:高橋うらら)」(女声合唱)など。またピアノ曲として「ピアノ発表会物語」がピティナ・ミュッセ(インターネット上の楽譜配信サービス)にて好評配信中。ピアノの講師向けのセミナー《素敵な発表会演出法》を全国数十カ所で実施。1998年に広島で行われた国民体育大会では、開会式・閉会式のファンファーレを作曲。

 

作曲活動の傍ら、音楽教育にも力を尽くす。音楽教室での幼児・児童の音楽指導、東京コンセルヴァトワール尚美の講師を経て、現在は自宅にてピアノ指導を中心に後進の指導にあたる。伴奏者として数多くの演奏家と共に全国各地の小中学校学校公演にも多数参加。二女の母。社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員。トロンボーン・クァルテット・ジパング レジデンスコンポーザー。トロンボーンカルテットティンツ エグゼクティブアドバイザー。


アルカスSASEBO営業時間 午前10時〜午後6時30分(施設利用申し込み、チケット販売・予約、アルカスクラブ入会手続き)
※第2・第4水曜日、年末年始は休館となります(ただし、第2・第4水曜日が祝祭日の場合は翌木曜日となります)


私達は、アルカスSASEBOの文化事業への協賛を通じて地域文化の振興を支援するオフィシャルパートナーです。