募集

三川内焼透かし彫りワークショップ 参加者募集!

ジャパネットたかたプレゼンツ

「パスカル・ロジェ×三川内焼~ドビュッシーと光~」関連企画

三川内焼透かし彫りワークショップ 参加者募集!

 

11月25日(日)に開催する世界的ピアニスト パスカル・ロジェと三川内焼のコラボレーション公演の関連企画。生地が柔らかいうちに、器に剣先で切り透かすという三川内を代表する技法「透かし彫り」で、ペン立てを制作します。

佐世保市の歴史と文化を代表する400年の伝統を誇る「三川内焼」の透かし彫りを体験してみませんか?

制作した作品は、ワークショップ後、お預かりし、焼成後、「パスカル・ロジェ×三川内焼

~ドビュッシーと光~」公演で、展示させていただき、終演後、参加者へお渡しします。

世界に一つだけのオリジナルの作品を作ってみませんか?

参加してくれた子どもたちは、11月のコンサートにご招待します。

 
~ワークショップ概要~

【日  時】7月30日(月) 14時~15時   

【会  場】アルカスSASEBO第2リハーサル室

【講  師】福本 幸

      (三川内焼の窯元の中でも唯一「透かし彫り」の技を伝え継ぐ「玉泉」)

【対  象】小学4年生~中学生       

【定  員】20人 ※先着順

【参 加 費】2,000円(ペン立て材料代/保険料を含む)

【募集期間】6月1日(金)~7月2日(月)

【応募方法】申込用紙に必要事項を記入の上、FAX・郵送・持参にてアルカスSASEBOまでお申し込みください。

 

<講師プロフィール>

福本 幸  Miyuki Fukumoto

400年にわたり、繊細優美、精巧緻密と称される「透かし彫り技法」や複雑な立体作品を継承保存し、さらに自らの創意工夫を加える「玉泉」の15代目。1965年生まれ。三川内焼の窯元の中でも唯一「透かし彫り」の技を伝え継ぐ。

「透かし彫り」に適した粘り気や水分量の陶石を探してブレンドしたり、複雑な石膏型を自ら手作りし、剣先も彫りやすく改良するなど、伝統を守りながら新しいものにも取り組んでいる。また、お客様のニーズに合わせ、一点ずつ注文を受けてからオーダーメイドで制作している。現代アーティストへの協力など、新作にも積極的に取り組んでいる。

 

ジャパネットたかたプレゼンツ

「パスカル・ロジェ×三川内焼~ドビュッシーと光~」

 

 

ドビュッシー弾きとして高い評価を得ている、世界的なピアニスト パスカル・ロジェと、

日本遺産に認定された「三川内焼」のアルカスSASEBOオリジナルのコラボレーション企画。

パスカル・ロジェの演奏に合わせながら、舞台上に置かれた佐世保を代表する三川内焼の陶器に、曲に合わせた照明をあてならが、目と耳で楽しめるような演出、プログラムを予定。

 

日時:11月25日(日)  14:00開演  
会場:アルカスSASEBO中ホール

~オールドビュッシープログラム~

 

主催:アルカスSASEBO  協力:三川内陶磁器工業協同組合

 

<お申込先・お問い合わせ先>

アルカスSASEBO「三川内焼ワークショップ」係

〒857-0863 佐世保市三浦町2-3 

TEL 0956-42-1111  FAX 0956-24-0051

 

 

 

 

 

 

アーカイブ

テーマ