アルカスSASEBO文化茶話トーク&ミニコンサート「シューベルトの優しさと哀しさ」

4 月21日(金)


会 場
イベントホール

料 金
【全席自由】一般1,200円、学生500円、ゴールド・オレンジ会員 無料、ホワイト・法人会員500円

チケット
終了

アルカスSASEBO文化茶話トーク&ミニコンサート「シューベルトの優しさと哀しさ」

各界の知の達人を招いて講演いただくアルカスSASEBO文化茶話。2017年度の第1回目は、ピアニストの今井 顕さんをお迎えし、今年のMプロジェクトのテーマである「シューベルト」にまつわるトークとミニコンサートを開催します。ピアニストの視点からシューベルトを紐解く、探求の90分をお届けします。

 

<講師プロフィール>

私立武蔵高校在籍中にそれまでの進路を突然変更して渡欧、クラシック 音楽界における世界有数の名門校のひとつ、ウィーン国立音楽大学に 16歳で入学する。8年間の課程をわずか3年で修了し、早くも19歳の時に最優秀の成績で卒業。数々の国際コンクールにおけ

る栄誉をたずさえ、コンサートピアニストとして国際的な活動を開始。その後ウィーン国立音楽大学ピアノ専攻科における日本人初の指導者として抜擢され、数多くのピアニストを育成した。通算24年にもおよぶヨーロッパ滞在中の音楽分野における業績と尽力とに対し、オーストリア政府より名誉教授の終身称号を授与される。現在は国立(くにたち)音楽大学大学院教授。楽譜、書籍などの出版物も数多く、国際コンクールの審査員として招聘されるなど、日本の誇る国際派ピアニストとして内外で高い評価を受けている。オフィシャルサイト http:// atwien.com/


講師:今井 顕(ピアニスト)
予定曲目:シューベルトの即興曲集より


スタッフコメント

【アルカスSASEBOオリジナル Mプロジェクト2017 歌曲の王 シューベルト】
1人の作曲家が手掛けた魅力的な作品を、アルカスSASEBOが主催するさまざまな公演で演奏するというテーマ性の高い情報発信企画「Mプロジェクト」。2017年に取り上げるのは、生誕220年を迎えるシューベルトです。歌曲の王の素晴らしい音楽を、1年を通じてお楽しみください。