ランチ&ナイトタイムコンサート
リュートと歌うSONGS

11 月18日(金)


会 場
中ホール

料 金
【全席自由】
アルカスクラブ会員500円
一般700円
ペア券1,000円
※公演毎に入場料が必要です

チケット
前売券好評発売中

ランチ&ナイトタイムコンサート
リュートと歌うSONGS

古楽器 リュート奏者 つのだたかしが、瑞々しい感性と独特のポップ感で世代を超えて反響を呼んでいる、

ものんくるのヴォーカル吉田沙良、ベースの角田隆太と共に登場!

イギリス古謡から武満徹までのやさしい音楽をリュートについてのお話しとともに楽しめるランチタイム。

さまざまな編曲・演奏で愛されてきた武満徹のポップソングを中心にゆったりお聴ききいただけるナイトタイム。

内容の違う2回公演でお届けします。

 

ランチタイム(開場11:00/開演11:30(終演予定12:30)

~中世から武満徹へ 歌とリュートの遥かな旅~

イギリス古謡から武満徹までのやさしい音楽を、歌とリュートに乗せてお届けします。

つのださんによるリュートのソロとお話しとともにお楽しみください。 

<予定曲目>

スカボローフェア(イギリス古謡)

めぐりあい(武満徹)

朝露のおりること(ものんくる)ほか

 

ナイトタイム(開場18:30/開演19:00(終演予定20:00)

~武満SONGSの楽しみ ポップソングの世界~

さまざまな編曲・演奏で愛されてきた武満徹の「SONGS」。

リュートの柔らかな音に乗せ、美しい日本語の歌詞を絶妙な温度で聴かせてくれます。

<予定曲目>

翼/MI・YO・TA/明日ハ晴レカナ、曇リカナ(武満徹)

流れは広く(イギリス古謡)

希望のまち/或る日のひな菊(ものんくる)ほか

 

※本公演のチケット半券を提示すると、特定のレストランにてお得なサービスが受けられます♪

 

 yosidasara

◎吉田沙良(ヴォーカル)

洗足学園音楽大学ジャズコース卒業。在学中に同大学のレーベル S.G. worksよりソロCD「SARA×ものんくる」をリリース。卒業後は角田隆太とともにコアメンバーであるポップスユニット「ものんくる」の活動を中心に、ジャズ、R&B、ポップスなど、さまざまなライブを行っている。みずみずしく飛翔感のある抜群の歌唱力・表現力と、歌のことばを丁寧に伝える取り組みが聴く者との強い共振力を生み、幅広い層のファンを得ている。

sumidaryuuta

◎角田隆太(ベース/編曲)

クラシックギター、エレキベースを経て、明治大学のビッグバンドでベースを担当。山野ビッグバンドジャズコンテスト第2位入賞。2011年、作詞作曲・編曲を手がける「ものんくる」を結成。13年『飛ぶものたち、這うものたち、歌うものたち』を菊地成孔プロデュースでリリース、14年『南へ』でメジャーデビュー、Jazz Japan Disc Award 新人賞受賞。15年、FUJI ROCK FESTIVAL出演。

 

tunodatakashi

◎つのだたかし(リュート)

ヨーロッパで中世からバロックにわたって愛された弦楽器リュートの演奏家。独奏に加え歌曲の伴奏者として内外の多くの名歌手の伴奏を務める。シェイクスピアの「十二夜」、モンテヴェルディのオペラ他、舞台音楽も手がける。古楽器バンド《タブラトゥーラ》主宰。『パルドン』レーベルをプロデュースし、多数の古楽CDを発表。2016年、俳優・歌手の石丸幹二とCD「武満徹のうた」リリース(編曲で角田隆太が参加)。