ペレス・プラード楽団

7 月19日(火)


会 場
大ホール

料 金
【全席指定】 
★一般 S席4,500円 A席3,500円 学生各席2,000円
★ゴールド・オレンジ会員 S席3,500円 A席2,500円
 学生各席1,000円
★ホワイト・法人会員 S席4,000円 A席3,000円
 学生各席1,000円

チケット
発売日

アルカスクラブ先行:4月16日(土)
一般プレイガイド:4月23日(土)

ペレス・プラード楽団

マンボの王様 ペレス・プラード 生誕100周年

来日60周年記念コンサート

 

世界中にマンボを広めたマンボの王様“ペレス・プラード”

生誕100年・来日60年記念コンサート!!

思わず踊りだしたくなる、陽気で楽しいラテンのリズム♪

 

<演奏予定曲>

エル・マンボ、マンボNo.5、マンボNo.8、ベサメ・ムーチョ、セレソ・ローサ、パトリシア ほか

 

<プロフィール>

パレス・プラードは1916年にキューバの港町マタンサスに生まれる。幼少期からクラシックピアノを学び、地元のクラブや映画館でピアノ、オルガンを演奏していた。20代の半ばになると、首都ハバナに進出し、当時流行していたルンバにスウィング・ジャズの要素を取り入れた新しいリズム「マンボ」を積極的に演奏し始める。1948年にメキシコシティへ移住し、そこでペレス・プラード楽団を結成。代表曲となる「マンボNo.5」などがヒットし、一躍人気アーティストとなった。彼のスタイルは指揮をしながらステージ上で踊り、飛び跳ね、激しく動き回りながら独特の掛け声で楽団を煽るというもので、マンボの熱烈なリズムと共にそのステージは当時の若者を熱狂させた。日本には1956年に初来日し、マンボ・ブームを巻き起こす。ドリフターズのコントに使われた「タブー」も代表曲の1つ。ペレス・プラードの意思を継いで、さらなる発展を続けているペレス・プラード楽団ならではの素晴らしいサウンドをお楽しみください。

 

 


スタッフコメント

世界中にマンボを広めたマンボの王様!思わず踊りだしたくなる陽気で楽しいラテンのリズム♪

ペレス・プラードの残した数々の名曲を引き下げ本家本元のペレス・プラード楽団が6年ぶりアルカス再登場のステージにご期待ください。