コルネリア・ヘルマン ピアノリサイタル

12 月5日(土)


会 場
中ホール

料 金
【全席指定】 一般 4,000円 学生 2,000円

コルネリア・ヘルマン ピアノリサイタル

 バッハ国際コンクールにて最年少で最高位を獲得

オーストリア期待の新星による名曲コンサート!

 

J.S.バッハ国際コンクールにて最年少19歳で最高位を獲得。モーツァルト国際コンクールでは特別賞を獲得。NHK交響楽団をはじめ、新日本フィルハーモニー交響楽団や東京都交響楽団、読売日本交響楽団など日本のオーケストラとも共演し、国内外で活躍中のヘルマン。「今世紀最も期待されている若手演奏家の一人」と言われるヘルマンの演奏をお聴き逃しなく!

 

<予定曲目>

ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332   (モーツァルト)

4つの即興曲より D935 第2番 変イ長調

                         D935 第3番 変ロ長調

                         D899 第2番 変ホ長調    (シューベルト)

イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV.971    (J.S.バッハ)

ロンド・ア・カプリッチョ ト長調 op.129    (ベートーヴェン) 

ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 op.31-2 「テンペスト」   (ベートーヴェン)

 

 

 

コルネリア・ヘルマン(ピアノ) 

Cornelia Herrmann (Piano)

 

 horowitz17

 

1985年よりザルツブルク・モーツァルテウム音楽院でピアノを学ぶ。  1996年、ドイツのライプツィヒで開催されたJ.S.バッハ国際コンクールにて最年少19歳で最高位を獲得。また1999年ザルツブルクで開催されたモーツァルト国際コンクールでは特別賞を受賞。  これまでにボッフム響、中央ドイツ放送室内フィル、イスラエル室内オケ、カメラータ・ザルツブルク、ザルツブルク・モーツァルテウム管、リンツ・ブルックナー管、ウィーン室内管、日本国内ではN響、都響、新日フィル、神奈川フィル、読響、九響、大阪センチュリー、山響、アンサンブル金沢等と共演。  これまでにG.ボッセ、M.ホーネック、U.ムント、R.ノリントン、Y.スダーン、C.アルミンク、N.マリナー、J.ジャッド等の指揮で演奏している。  オーストリアをはじめ世界各国でソロ、室内楽そしてオーケストラとの共演と活躍、ラジオ(ORF、NDR、MDR)録音も多数行っている。2006年には「N響アワー」にも出演。  ビクターから発売された2枚のCDはいずれも高い評価を得ている。2013年1月にはカメラータより、J.S.バッハ「フランス組曲」のCDをリリース、好評を得て第2弾、第3弾と続けてリリース。  近年の活躍には目を見張るものがあり、ソロ活動の他、ウィーン・フィルのメンバーとの室内楽、クリストフ・ゲンツ(テノール)とのコンサートなど、若手ピアニストのホープとして注目を浴びている。

 

※託児サービスあり


長崎県教職員互助組合芸術鑑賞等利用補助事業


スタッフコメント

ドイツ人の父と日本人の母のもとに、1977年オーストリア・ザルツブルクで生まれたヘルマン。

ザルツブルク青少年コンクールに最年少で優勝した際は、「モーツァルトの再来!」と騒がれるほどだったそうです。

今回の演奏会では、ベートーヴェンの「テンペスト」やシューベルトの即興曲、バッハのイタリア協奏曲など、耳馴染みのある名曲をそろえました。教会の雰囲気漂う音響に優れた中ホールで、どうぞごゆっくりとお楽しみください!

手の見えやすい席ご希望のお客様は、お早目にお求めくださいね。

また、コルネリア・ヘルマンより皆さんにメッセージが届いています。こちらから、ご覧くださいね♪