RAJATON
ラヤトン アカペラ・コンサート
~北欧のクリスマス支度~

11 月15日(日)


会 場
中ホール

料 金
全席指定
一般 4,000円
学生 2,000円

チケット
好評発売中

RAJATON
ラヤトン アカペラ・コンサート
~北欧のクリスマス支度~

フィンランド史上最高のアカペラグループが、伝統のクリスマスソングからABBAまでお届けする、

奇跡のハーモニー。

 

 Artist1Rajaton2014

ラヤトン(Rajaton)

フィンランドの伝統文化やポップスの系譜に育まれた、世界屈指のアカペラグループ。1997年、名門音楽大学「シベリウス・アカデミー」などで学んだ男女6人で結成した。民間伝承曲、フィンランド叙事詩「カレヴァラ」の英雄をモチーフにした曲のほか、フィンランド出身の作曲家シベリウスの作品や教会音楽、ジャズなど、幅広いジャンルの楽曲を歌う。北欧を代表するグループ「ABBA(アバ)」のヒット曲をカバーした2006年発表のアルバム「ラヤトン・シングス・アバ」がチャート1位を記録し、その人気を不動のものにした。グループ名の「ラヤトン」は「無限の」「限界のない」という意味。6人が織りなす親和性の高いハーモニーは、時空を超えて多くの人の心に響き続けている。

メンバーは、エッシ・ヴゥオレラ(ソプラノ)、ヴィルピ・モスカリ(ソプラノ)、サイマ・ヒョエッキ(アルト)、ハンヌ・レポラ(テノール)、アハティ・パウヌ(バリトン)、ユッシ・キューデニウス(バス)の6人。

それぞれが、幼少期から学校や合唱団などで、さまざまな音楽に触れ、バイオリンやピアノ、ギターなど、楽器にも親しんできた。その後、音楽学校に進み、音楽教師になるための専門教育を受けたり、オペラ歌手を目指してレッスンを積んだり、ロックバンドで活躍したりして、各自がキャリアを重ねた。ラヤトンの音楽性の高さやレパートリーの幅広さは、メンバーが音楽経験を持ち寄ることで成り立っている。フィンランド国内では「クラシック音楽とポピュラー音楽の間に橋渡しをした『才能あふれるポップスグループ』」と高い評価を受ける。

これまでに14枚のアルバムをリリースしている。最新作は、2014年春に行ったコンサートの模様を収録したアルバム「Kaksi astetta」(「2℃」という意味)。デビューから現在までに、CDの売り上げ枚数に応じて認定される「ダブルプラチナ」を1度、「プラチナ」を3度、「ゴールド」を8度、フィンランド国内で授賞している。全世界でのCDセールスは40万枚近くに及ぶ。

コンサートやフェスティバル出演などで、世界各地を飛び回り、毎年100ヶ所以上でパフォーマンスを披露する。最近は、フィンランドや欧米各国のオーケストラと組んで、アバやビートルズのヒット曲などを取り上げるコンサートを展開。2014年10月には、米・ニューヨークのカーネギーホールで、ポピュラー音楽専門の実力派オーケストラ「ザ・ニュー・ヨーク・ポップス」と共演し、「驚くほど革新的だった」(ニュー・ヨーク・アーツ・レビュー)と好評を博す。

 過去の来日は3回。2003年の東京公演に続いて、2005年にフィンランド代表の音楽家として国際博覧会「愛知万博」に参加した。2013年には、兵庫、静岡、東京を巡るコンサートツアーを敢行し、北欧に関心の持つ若い女性やアカペラ愛好家らが会場に詰めかけた。2015年11月には、2年ぶりの来日が決定。歌う喜びや声を重ねる楽しさにあふれた、多彩なステージに期待が高まる。

 

助成:平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

中ホール学生ワンコイン公演対象

託児あり


<演奏予定曲目>

Butterfly  (ラヤトンオリジナル)
Fernando (ABBAより)
Lady Madonna (Beatlesより)ほか


スタッフコメント

誰もが知っているABBAやビートルズのヒット曲のカバーも織り交ぜながら、クリスマス気分を盛り上げる楽しいコンサートです。

当日ロビーでは、北欧雑貨のマーケットや、北欧の小さな森の妖精「トントゥ」人形を手作りするコーナーも開催!

北欧のクリスマスの雰囲気を楽しんでいただけます!

131101_1449 サンタの帽子やフィンランド国旗の帽子をかぶった小さな森の妖精「トントゥ」