新日本フィルハーモニー交響楽団

7 月14日(日)


会 場
大ホール

新日本フィルハーモニー交響楽団

2011年度から、九州では初めてとなる地域拠点ホールとしてアルカスSASEBOで活動している、日本を代表するオーケストラ「新日本フィルハーモニー交響楽団」。

 

今年は、2003年から新日本フィルの音楽監督を務め、最終任期のシーズンを迎えるクリスティアン・アルミンクが、アルカスSASEBOに初めて登場します!ソリストを務めるのは、新日本フィルのソロ・コンサートマスターであり、アルカスSASEBOジュニアオーケストラのミュージックアドヴァイザーも務めている豊嶋泰嗣。豊嶋泰嗣が奏でるストラディヴァリウスの音色をたっぷりとお楽しみいただきます!

 

[出演]

指揮:クリスティアン・アルミンク

ヴァイオリン:豊嶋 泰嗣

管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

 

[曲目]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調 K.218

チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調 op.64

 

アルカスクラブ会員様及びチケット購入者様が参加出来る「公開リハ―サル」を開催します。

普段中々見ることの出来ない、指揮者とオーケストラの本番直前の音楽作りの場に立ち会うことの出来るまたとない機会です!

7月15日(月・祝)11:30~ アルカスSASEBO大ホール 無料

*事前の申込が必要です。*開始時間が遅くなる場合がございます。予めご了承ください。*未就学のお子様のご入場はご遠慮ください。*会員の方は電話やFAXでお申込ください。

 

<プロフィール>

クリスティアン・アルミンク/指揮

ウィーンに生まれ、ウィーン国立音楽大学で学ぶ。94 年に本格的に指揮活動を開始、ベルリン・ドイツ響、フランクフルト放送響、ウィーン響、ザルツブルク・モーツァルテウム管などに次々と客演、ザルツブルク音楽祭、プラハの春音楽祭にも度々招かれている。チェコのヤナーチェク・フィル首席指揮者、スイスのルツェルン歌劇場音楽監督およびルツェルン響首席指揮者を経て、03年9月より新日本フィル音楽監督に就任。11年9月より、リエージュ国立フィルハーモニー管の芸術監督を兼任。近年ではミュンヘン・フィル、ドレスデン・シュターツカペレ、ウィーン響、カメラータ・ザルツブルク、シュトゥットガルト放送響、トゥールーズ・キャピトル管、ローマ・サンタ・チェチーリア管、ミラノ・ヴェルディ響、フランス国立リヨン管、バンクーバー響、ボストン響等にも客演。新日本フィル音楽監督としては2013 年までの任期延長を発表。常に意欲的なプログラミングは強い支持を集めている。06 年『火刑台上のジャンヌ・ダルク』で第3 回三菱信託音楽賞奨励賞受賞。09 年『七つの封印を有する書』で第18 回三菱UFJ 信託音楽賞受賞。新日本フィルとの最新CDは『マーラー:嘆きの歌』(初稿版)。

 

豊嶋泰嗣/ヴァイオリン

桐朋学園で江藤俊哉、アンジェラの両氏に師事。在学中よりヴァイオリン、ヴィオラ奏者としてソリスト、室内楽、コンサートマスターとして演奏活動を始める。86年、大学卒業と同時に新日本フィルのコンサートマスターに就任。その後もサイトウ・キネン・オーケストラ等でコンサートマスターを務め、指揮者、オーケストラからの信頼も厚い。ソリストとしては、88年のサントリーホールでリサイタルデビュー、その後ベルリン放響、バシュメット&モスクワソロイスツ、ロンドン・モーツァルト管弦楽団等、国内外のオーケストラとの共演。室内楽奏者としては、ハレー・ストリング・クァルテットを結成し、00年までカザルスホールのレジデントクァルテットを務めた。現在アルティ弦楽四重奏団のメンバーとして活躍。スターン、ヨーヨー・マ、アルゲリッチ、ズッカーマン、マイスキー、ストルツマン等との共演を重ねている。現在は新日本フィル・ソロ・コンサートマスター、兵庫県立芸術文化センター管 コンサートマスター、九州交響楽団 桂冠コンサートマスター。91年村松賞、第1回出光音楽賞、92年芸術選奨文部大臣新人賞受賞。京都市立芸術大学准教授、桐朋学園大学および大学院講師。1719年製 アントニオ・ストラディバリウスを使用。

 

新日本フィルハーモニー交響楽団 /管弦楽

「一緒に音楽をやろう!」1972年、指揮者・小澤征爾のもと楽員による自主運営のオーケストラとして創立。97年よりすみだトリフォニーホールを本拠地とし、定期演奏会のほか地域に根ざした演奏活動も特徴的。音楽監督クリスティアン・アルミンク(2003年~)、Music Partner of NJPダニエル・ハーディング(10年秋~)、Conductor in Residenceインゴ・メッツマッハー(13年秋~)。受賞歴に三菱UFJ信託音楽賞(09年、アルミンク指揮)、ミュージック・ペンクラブ音楽賞(09年、ブリュッヘン指揮)等。この他04年に音楽家・久石譲と“新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ”を立ち上げたほか、映画『崖の上のポニョ』等では管弦楽を担当。メディアでは「日本のオーケストラ新御三家のひとつ」として紹介されている。2012年、創立40周年を迎えた。公式ホームページhttp://www.njp.or.jp/ 公式Twitter @newjapanphil 公式Facebook  http://www.facebook.com/newjapanphil

 

託児サービスがございます! ご利用のお客様はお電話でお申し込みください。

<料金>アルカスクラブ会員:500円  一般 1,000円

<申込先>佐世保ステーション保育園 TEL0956-20-0900

<受付時間>月曜日~土曜日 10:00~20:00

<申込締切>7月12日(金)


平成25年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業


スタッフコメント

コンパス春号(4月1日発行号)では、新日本フィルハーモニー交響楽団のアルカスSASEBOでの活動を特集してご紹介しています。
クリスティアン・アルミンクのインタビューも掲載しておりますので、是非、そちらもご覧ください!